MTG復帰日記#002 プレイフォーマットの決定とシングル購入!と・・・

f:id:mihao1853:20180915001206j:plain

 MTGに復帰する

 

また、マジックをやろう!

 

そう決意してから早数日がたった。

その間ブログの更新が滞っていたわけだが、それもこれもマジックが悪い。

なんせノープラン。見切り発車そのもの。

カードもほぼほぼ手元にない状態だったわけだから、そもそもどのフォーマットでプレイするか、それについて悩んでいたのだ。

 

 

マジック:ザ・ギャザリング Core Set 2019 Bundle 英語

マジック:ザ・ギャザリング Core Set 2019 Bundle 英語

 

いくつかのルールが存在する

このブログではこれからマジックを始めたい!、と思っている復帰者・初心者でも読めるように解説を交えながら書いていこうと思う。

まず前項で僕が悩んでいたフォーマット選定。

 

これは、マジックには使用できるカードプールごとにいくつかのフォーマット(レギュレーション)が存在するのだ。代表的なフォーマットを簡単に説明をすると、

 

1、スタンダード

直近で約2年分の発売されたカードが使えるルール。名前の通り主流のフォーマット。カードプールが他よりも狭く、絶版となったカードが存在しないため参入壁が低め。最近では他TCGのヴァンガードなんかもこの手のルールを導入していたような。ポケカにもあるよね。

 

2、レガシー

これまで発売されたカードの大半が使えるレギュレーション。ただし、明らかにオーバーパワーなものは使用が禁止されており、ゲームとして健全。例えるなら遊戯王だと思ってくれればok。

 

3、モダン

スタンダードとレガシーの間のようなレギュ。マジックはカードの枠が旧枠と新枠で大別されているのだが、モダンは新枠移行のカードが禁止を除き全て使える。

 

この3つのフォーマットがおそらく主流だろう。他にもヴィンテージ、コマンダー、パウパーとか色々あるけどここでは割愛。前述した3つが人口の多いフォーマットなんで、それ以外に用はない。

 

さて、なぜ悩んでいるのかというと・・・御察しの通り”先立つ物”、つまり金が絡んでくるからである。

マジックのカードは1枚1枚が非常に高額なため、なんの計画性もなしにカードを買ってしまうと必ず後悔する。

 

”スタンダードのデッキを揃えてみたはいいが・・・やっぱりレガシーをやりたいな”

 

以前の僕だ。

大枚叩はたいてスタンダードの大半のデッキが自由に組めるほどの資産を手に入れたのだが、カードショップやトーナメント会場を出入りしているうちに未知の世界だったレガシーに興味が移ってしまったのである。

結果的にスタンダードのカードのほとんどを手放してデッキを一つ作ったよ(スニークショー)・・・ろくにプレイもせずに・・・あれは本当に無駄な出費をしてしまった。

 

だから、今回は同じ轍を踏まないためにも前調査は慎重に行うことにした。

そして以下のような思考を経てフォーマットは決定した。

 

・スタンダード 

調べてみた結果、必須カードが軒並み高くて微妙。

スタン落ちしたら使えるのかもわからないカード(だいたい使えないよね)に大金を投下するのはちょっと。

また、今回僕はやや片手間気味にマジックを楽しみたいと思っているので、メタゲームの流れの速いスタンダードはそもそもダメだろうと判断。よって却下。

 

・レガシー

スタンダードがダメならもうレガシーしかないっしょ。ってことでリサーチ。

・・・が、ちょっと見ないうちにカードの金額がとんでもないことになっていた。

例えば以前お世話になっていた裏切り者の都

MTG 土地 英語版 裏切り者の都 EXO-143 レア

 

”レガシーをやるならまたファッティ(おっきいクリーチャー)を相手に叩きつけて悦に浸るようなマジックがしたいな・・・”

 

そう考えていたのだが、その夢はあまりの高騰っぷりを前に儚く散った。

以前僕が購入した時は三千円くらいだったのだが、なんと今は3万円もするのだ。

・・・何があった?

これはさすがに手が出ない。

 

一度マジックを捨ててしまったものの代償、といったところだろうか。

あの時売ってしまったことを激しく後悔した。

また、他のカードも相変わらずべらぼうに高い。

デュアルランドが思ったよりも高騰していないことには驚いたけどね。

・・・でもまぁさすがにこれを最初から揃えるのはきつい。

中古車が軽く変えてしまう額である。

よって、今回はとりあえず見送ることにした。

でもいずれ必ずトーナメントには参加したいと思う。

 

・モダン

レガシーが無理だなんて・・・もう僕はマジックができないのだろうか?

そう嘆いたところにリサーチを開始したのがモダンだった。

このフォーマットは僕が以前復帰した時(ゼンティガーくらい)に確か同じくらいの時期に制定されたフォーマット。

当時は人口があまりいなかった上、なんだか名前がダサいとかいう訳のわからない理由で未プレイだったフォーマットだ。

リアルな話をすれば、当時はギルドランドと呼ばれる必須カードが未再録のため高かったってのが大きな理由。

デュアルランドをほとんど持っているのに、今更下位互換のカードなんていらねぇよ、とか思って参入しなかったのだ。

 

そんなモダンだが・・・これいい。

調べて見た結果、デッキ分布が非常にばらけており様々なアーキタイプが存在する模様。

メタが散っていることはカードゲームにおいて非常に良いことであり、おそらくかなり健全な環境なのだろう。

制定直後と違い、人口もそれなりにいるみたいだ。

これしかないわ。そう思った。

 

いくつかのトーナメント入賞デッキを眺めていき、カードの必要額をチェック。

なるほど、高いデッキだと中古のケイくらいは買えちまうな。

だが、安いデッキもそれなりに多く、参入壁は問題なく飛び越えられそうだ。

 

気に入ったアーキタイプを調べていた結果、僕のやりたいことと値段の双方を兼ね揃えた奇跡のデッキを見つけてしまった。

TMR、モダンデビュー、いきまぁす。

 

初期投資

そこでまぁ冒頭の画像なんですよね。

f:id:mihao1853:20180915001206j:plain

これこれ。

左からプレイマット、シングルカード、そしてこれから主戦場になるであろうマジックの最大手ショップ、晴れる屋さんの自社ブランドデッキケースだ。

このデッキケースには感動した。安いのにウルトラプロのマナシンボルケースと遜色のないクオリティ。デザインもクールで気に入った。

 

さて、では他の見えないものを紹介。

まずはプレイマット。f:id:mihao1853:20180915005741j:plain

僕はでっかいクリーチャーが好きなんですよ。

このイラストのクリーチャーが誰なのか知らないけど、とりあえず見た目がめちゃくちゃかっこいいので一目惚れして買ってしまいました。

プレイマットなら既に十六夜咲夜のお気に入りのやつがあるのだが、アラサーのおじさんがこれを持っていくのはどうかと思ったので買いましたね。

 

続いてシングル。

というかデッキひと束。

別に晴れる屋のステマとかじゃないんだけど、晴れる屋は在庫が凄まじい上にweb上で簡単にカードが検索・購入できてしまうのでここで一気にデッキを揃えてしまうことにしました。

 

購入は当然現地かつ店頭受取。

欲しいものはなるべく早く揃えたいし、なによりカードの質感が、シャッフルの手触りが、シャカぱちのぱちん音が恋しいのだ。

 

で、前述したすこぶる気に入ったデッキがこれな訳です。一式丸ごと買い。では、

 

f:id:mihao1853:20180915010207j:plain

青単のエルドラージトロン!

(ちなみにレシピは他所のブログのモダンのススメみたいな感じのやつから拝借しました。完コピです。)

 

前述した一目惚れしたデッキがトロンとエルドラージを組み合わせたこのデッキ。

ウルザ土地によりマナブーストをかけて、おっきいクリーチャーを展開して場を制圧する感じのデッキですね。

スニークショーが好きだったので、ファッティでぶん殴るデッキが良かったんだけど、これドンピシャ。

 

また、ネットで見つけたこのデッキは非常に素晴らしいレシピであり、それでいてお値段リーズナブル。

モダンでマジックを始めるならかなりいいレシピだなと感じたので一式そろえちゃいました。

 

・・・そろえちゃったんだけど・・・

 

f:id:mihao1853:20180915010353j:plain

まぁ一度走り出したら止まらないですよ、と。

上記のレシピは初心者でも組めるような安心設計。

しかし、社会人パワー全開の僕は他の店で歩行バリスタや虚空の杯もちまちまと購入。

バリスタは千八百円くらい、チャリスは六千円くらいだったかな?

ワームとぐろエンジンも高くて、確か三千円くらい。

 

チャリスもエンジンも昔はもっと安かったので値段を見て一瞬「うっ」となったが、これで怯んで辞めるのは悪手でしかない。

心とはいわばゴムみたいなものであり、あんまり我慢なんかをしちまうと必ず反動が帰ってくるとかなんとかってよくいうじゃないですか?

だから僕は一気に走った。

欲望のままに走り、茶単エルドラージの完成を急いだ。

(組んだ青単は非常にいいデッキだけど、トーナメント参加はちょっときついかなって。あくまでベースとして集めた感じ。)

 

そんな折、ふと横(ネット)を見ると

f:id:mihao1853:20180915011408p:plain

・・・ものすごい勢いで転倒した。

ムッチャ痛い。

 

僕が苦心して集めたエルドラージトロンのデッキだが・・・

・・・あるか?

こんなことってあるか?

命からがら集めた新規参入・・・エルドラージトロン一式。

しかし、ようやくそろえたと思った矢先にこの仕打ち。

なんか変な無色絶対殺すマンのゴブリンまで収録されちゃってるし・・・

 

いきなり波乱万丈な幕開けである。

でもまぁやるよ。僕はマジックを、モダンをやる。続く。

 

 

マジック:ザ・ギャザリング ドミナリア 英語版 ブースターパック 36パック入りBOX

マジック:ザ・ギャザリング ドミナリア 英語版 ブースターパック 36パック入りBOX