MTG日記#001 マジックをプレイしてみたい

英語版 第6版 Classic Sixth Edition 6ED 風のドレイク Wind Drake マジック・ザ・ギャザリング mtg

マジック・ザ・ギャザリング

引っ越しからはや6ヶ月が経過した。

東京 → 栃木 → 埼玉 と、ここ1年で住処を転々としていたのだが、しばらくはこの埼玉で落ち着くことになりそうだ。

これ以上の引っ越しは当分は流石になさそうである。

よって、本日はいい加減ダンボールにぶち込んだままの荷物を整理することにした。

 

”なぜこれを持ってきたんだろう?”

 

・・・と、ワケのワカラナイ品々を前になんども頭を傾げながら淡々と作業すること3時間。

ついに運命の出会いを果たす。

 

f:id:mihao1853:20180909011246j:plain

マジックザギャザリングのカードが出てきた。

しかも未開封のデッキ一式である。

サイドボード付きということもあり、かなりトーナメント寄りに調整・販売されたカードセットのようだ。

 

これをいつ買ったのかは覚えていない。

ただ、調べてみると発売日は割と最近でありおそらくだがなんかの拍子に”のり”で買い物カゴに突っ込んだんだと思う。

 

・・・

 

マジックザギャザリングはカードゲームの元祖だ。

発売してすでに25年が経過しているが、いまだに根強い人気を保ち続けているトレカの長老的な存在である。

マジックと僕との関係はそれなりに深い・・・というか長い。

初めてマジックに触れたのは199X年の秋、僕が小学生の時。

初めて剥いたパックは今でも覚えている。

ポータルのブースターパックを1パック、しかも英語版だ。

もちろん間違えて英語版を買ってしまったわけだが、そんなことは些細な問題だった。

 

MTG Magic The Gathering Portal Second Age The Nightstalkers Preconstructed Set Deck

英語版 POR ポータル ブースターボックス Portal Booster Box マジック・ザ・ギャザリング mtg

英語版 第6版 Classic Sixth Edition 6ED 風のドレイク Wind Drake マジック・ザ・ギャザリング mtg

 

”なんてかっこいいイラストなんだろう。”

 

イラストがかっこよすぎる・・・

 

MTGとのファーストインプレッション。

ごちゃごちゃしていてグロテスクなカードもたくさんあったんだけど、なんていうのだろうか・・・引き込まれるのだ。MTGのカードイラストは。

たった五百円のカードパックから(昔は五百円だった)、まるで絵画を縮小したかのようなハイクオリティのカードがわんさか出てくる。

わずか15枚のカード群だが、1時間くらい眺めていた記憶があるよ。

 

その中でも一番のお気に入りだったのがこのポータルの風のドレイクだ。

性能なんて二の次(というかルールさえ知らない)。

とりあえず。

とりあえずイラストが尋常じゃない、クッソかっこいい。

リアルなタッチのファンタジー風ドラゴンに感嘆のため息連発。

 

そしてカード名こそ英語で読めないが、イラストがどう見ても”ドラゴン”。

こりゃ、”性能は心配いらないな”、と。

五百円と、痛い出費だったがかなりの”当たり”を引けた気がするぞ!。

 

・・・そんな、今ではストレージを漁ればごろごろと出てくるようなカードをまるで万券越えのレアカードのように大切に保管して毎日眺めていたのが僕のMTG人生のスタートだ。

ちなみにだが、一緒に封入されていたレアカード枠は

英語版 ポータル Portal POR 神の怒り Wrath of God マジック・ザ・ギャザリング mtg

これである。

このカードが”神の怒り”というMTGを代表するような超強力カードだってことを知ったのはこの3年くらい後、中坊の頃だった。

(当然、こんなクリーチャーが全滅している気持ちの悪いイラストのカードなんて小坊の僕にとってはゴミ同然であり、発掘したときはズタボロだったよね。)

 

・・・ていう出会いを皮ぎりに、それから定期的にマジックのカードに触るようになったんだよね。

ただ僕はちょっと変わっていて、

ゲームギャザ  2002年 12月号 [雑誌]

ゲームギャザやそのマスコットであるギャザガールサプライ、

 

マジック:ザ・ギャザリング ドラゴンの迷路公式ハンドブック (ホビージャパンMOOK 497)

公式ハンドブックやデッキレシピが掲載されたやつ。

 

デュエルファイター刃 (7) (Hobby Japan comics)

そしてMTGコミックの最高傑作・デュエルファイター刃といった、要は”関連アイテム”の収集になぜか力を入れており、カードなんてほとんど買わなかったんだよね。

よってゲームに関してはズブの素人だ。

 

社会人になってから一度手を出したこともあるのだが、忙しくてロクにプレイできず。素人に毛が生えた程度のレベルって感じかな。

 

 

・・・じゃぁちょっと本気で遊んで見る?

 

って思考になったのが発掘から5分後。

ゲームやイラストの雰囲気が好きで、それが理由でずっと追っていたMTGだが、出会いから20年。ついにプレイヤーとして活動する時期が来たのではなかろうか?

 

数年前の僕では仕事の忙しさから無理だったが、今の環境ならば・・・そうだ、やれる、やれるのだ。

 

やるっかない。

 

”MTGをやってみよう”

 

こうしてついに禁忌に手を出すことになった。

 

続く。

 

 

マジック:ザ・ギャザリング ラヴニカのギルド ブースターパック 日本語版 36パック入りBOX

マジック:ザ・ギャザリング ラヴニカのギルド ブースターパック 日本語版 36パック入りBOX