モンスト日記#081 超究極志々雄真実自軍コラボキャラ限定無課金編成 ー志々雄を超えしもの称号獲得編

f:id:mihao1853:20180829094604p:plain

四乃森蒼紫3体の完全無課金編成

先日、とうとう僕の志々雄真実が運極になった。

が、しかしである。

正味な話、今回の難易度は言ってはなんだがやや物足りない感のある難易度だった。

僕はどちからといえば超究極・高杉のような鬼畜難易度を期待していただけに、圧倒的拍子抜け。

消化不良・・・コレでは、完全に消化不良

そこで僕は自分の欲を満たすために”自軍完全無課金編成”でのチャレンジに着手することにした。

また、

 

”なら、せっかくだしるろ剣コラボキャラ三体クリアの称号も同時に取っちまえばお得じゃね?”

 

という非常に安直な思考にたどり着く。

そしてそれが地獄の始まりだった。

 

f:id:mihao1853:20180829091130p:plain

編成は無課金のコラボキャラということで四乃森蒼紫一択、そしてコレを三体だ。

フレンドには進化ラミエル。

アイテムは攻撃力アップアイテムを使用。

・・・で、上記の画像が挑戦1回目。

 

”あれ?コレ行けんじゃね?”

 

一回めでコレだ。

あと一歩のところでシシオを討ち取れなかったが、コレならばいずれ僕の剣(無課金)は志々雄真実の首を打ち取るだろう。

また、やって見た感じなかなかやりごたえのある難易度であり、この編成でクリアできるものは限られるだろう、そんな感じだ。

 

”十分。こういうのでいいんだよ。ま、この立ち回りで行けばそのうちクリアできッショ”

 

・・・そう思いながらかれこれ15回のチャレンジを終えてしまった・・・

 

そう、

f:id:mihao1853:20180829091716p:plain

僕の剣はあと一歩届かない。

どうしてもあと一歩、たったの一歩がわずかに足りないのだ。

この画像なんか、あと一歩どころか”コレもう勝ちでいいんじゃね?”って感じのドット具合。

この画像のあとはしばらくスマホを握れなかったよ。

 

・・・

 

15回ほどチャレンジしてわかったことがある。

それは、ラストステージの攻略。ここは、

・ラミエルの流れ弾がちゃんと雑魚に当たる場所にラミエルを配置必須

・その状態でアオシは志々雄真実を貫通しつつラミエルに絶対当てる

・志々雄真実の上・左下・右下の同時3回攻撃は直前にアオシのSS必須

・ラックスキルが発動しないと結構絶望的

 

コレだ。

下手な立ち回りでは体力が危ういのはもちろんのこと、それ以前に火力が足りていない。全然足りない。

SS全残しでも足らず。

ラックスキル連発とか弱点が毎度目の前とか、そんな奇跡が立て続けに起きないと志々雄真実の圧倒的HPは削りきれない・・・

コレを打開する策はもはや”魂の紋章”しかないなと踏んだ僕は、補助輪なしという勝手な枷を泣く泣く外し、アオシに紋章力500の攻撃倍率1、1を装着させて16回目のチャレンジへ。

 

 

f:id:mihao1853:20180829092850p:plain

1.1倍、それもたったの1キャラだが、それでもコレが功を奏したのか志々雄真実撃破リーチ。

からの長考。

なんせ次のターン、確実に僕は死ぬ。

 

”このターンのラミエルの攻撃力はアップしているし、下で壁カンか?”

 

攻撃力さえ上がっていなければ迷わずにそれ以外の手を打つだろう。

しかし、上がっているのだ、今回は。

コレが僕を惑わすし、何より”この簡単なショットが成立すれば念願の無課金クリア達成”という現実が僕を待っている。

10分間ほど熟考した挙句・・・はねのけた。

 

この安直な思考をはねのけた。

 

おそらくコレでは勝てない。下の空間はスペースが広く、多分バウンドの回数不足。

またしてもドット足らずで志々雄真実の無慈悲な一撃にで死ぬ。冒頭にあった同じようなスクショを量産するビジョンが脳裏をかすめたのだ。

 

同じ轍はも2度と踏むわけにはいかない。・・・ならばどうする?

 

またも10分ほど熟考した挙句、見出した活路は結局コレ。

 

”ラミエルを左上に放ち、ワンバウンドさせて雑魚に当てつつシシオに1発当ててラミエルを自ターンのアオシの攻撃ライン状に配置。遅延してアオシで仕留める”

 

このプランをチョイス。もしかしたらラミエルで雑魚を直あてしなくても付近のアオシ友情で仕留められるかもしれないが、結構怪しい。そこでコレにした。

志々雄真実は常設ではなく、挑める挑戦も限られている。

もう終わりにさせてくれ。

 

f:id:mihao1853:20180829093012p:plain

!?

 

f:id:mihao1853:20180829094025p:plain

僕は成し遂げた。

志々雄真実完全無課金編成かつるろ剣コラボキャラ限定縛りのおまけ付き。

コレは流石に嬉しかった。

普段無表情な僕も、思わずスマホの前でにっこりしていた(だろう)。

 

るろ剣コラボは期間限定であり、もう一度来る保証なんてどこにもない。

だからこそ、この勝利の味は格別。別格だ。

下手くそだけども、やればできる。やり続ければいずれ上手くなる。

ストライカーとしての腕の上達を実感しつつ、るろ剣コラボコレにて終了。

最高のコラボだった。