モンスト日記#072 無課金編成で蓬莱に挑戦! 漸ノ篇(その1)

f:id:mihao1853:20180813001637j:plain

 無課金生活142日目

社会人ストライカーにとっての最大の鬼門といえば、”書庫に追加されていない通常クエストの降臨スケジュールが仕事と被ってしまうこと”だろう。

これには一体何度煮え湯を飲まされたことか・・・

だからこそ、挑戦可能なタイミングは絶対に逃してはならない。

仕事のスケジュール管理はもちろん、モンストの(降臨)スケジュール管理さえも鮮やかにこなす、これが現代における理想のビジネスパーソン像であることは言うまでもないだろう。

 

そんな折、ついに彼女は訪れた。

f:id:mihao1853:20180812235851p:plain

”メメントモリ・・・って知ってるか?”

モンストにおける凶悪モンスター群の一角である、”闘神”。

正味な話、そこらの爆絶よりも難しくねぇか?と思ってしまうほどの高難易度クエスト。

その中の緑の闘神こそがメメントモリだ。

このメメントモリも御多分に洩れず非常に高難易度なクエストではあるのだが、すでに以前撃破済みであり攻略は完了している。

 

僕はこの日・・・この時を、、メメントモリに挑戦できるこの18時を心待ちにしていた。

 

”どうか突発で(仕事の)アクシデントが起きませんように・・・”

 

おかげで仕事もろくに手につかなかったのなんのって。

ただひたすらにトラブルがないことを全力で神に祈り続け、上司には日頃の3倍くらいおべっかを使った。

その善行、そして願いが届いたのか、僕は18時01分には鮮やかに会社を後にすることができ、この至高の時間をじっくりと堪能することができた。

 

「たっぷり2時間。。。ですか、、、ベネ」

 

なぜ僕がこのメメントモリにここまで固執しているのかと言うと、それは今までの日記を遡っていただければわかるのだが、面倒だと思うので要はこのためだ。

f:id:mihao1853:20180813000603p:plain

屍都探偵マグ・メル。

この緑の爆絶モンスターはプレムアムガチャ限定のモンスターと遜色のない強さを誇る、無課金にとっては喉から手が出るほど欲しい一品である。(可愛いしね。)

先日、僕はこのマグメルを命からがら入手することができたのだが、やはりと言うか問題が発生した。

そう、”素材モンスターの降臨スケジュールがオフと合わない”と言うものだ。

言うまでもないが、いかに強力な爆絶モンスターといえど進化前の状態では何の役にも立たない。

仕事に追われる僕を尻目に、無情にも幾度となく過ぎ去っていくメメントモリ降臨タイム。

失われて行くマグメル神化チャンス。

 

「・・・生殺しじゃないか・・・これじゃ・・・」

 

この時ほど僕がサラリーマンである現実を呪ったことはない。

せっかく手に入れた超強力な少女がいまかいまかと自分の活躍の場を心待ちにしているにもかかわらず、いつまでも夢叶わずに倉庫で涙を流している現実(リアル)、決してあってはならないことだ。

 

・・・しかし、

 

”マグメルを完成させたいので仕事やめますっ!”

 

なんて言うわけにもいかないだろう。

流石にクエスト挑戦と生活とではわずかではあるが天秤が釣り合わない。

だから大人しくオフと降臨日が被ることを指をくわえて待っていたのだが、ここにきてようやく成就した。念願のマグメル成体、爆誕である。

 

・・・さて、欲しかったモンスターが手に入ったらやることは一つだよなぁ?

僕は知っている。8月x日、彼女が降臨することを。

今週の降臨スケジュールに鎮座する

f:id:mihao1853:20180813001637j:plain

爆絶・蓬莱にリベンジマッチを挑むべく、準備を進めることにした。

〜続く〜