モンスト日記#044 超絶クエスト 金剛夜叉明王に無課金プレイヤーが挑戦

f:id:mihao1853:20180616211202p:plain

 無課金85日目

本日6月16日は先日発表された超絶クエストである金剛夜叉明王の初降臨日である。

何気に復活してから初めての新超絶クエストだったり。

そうなってくると、がぜん気合が入るというもの。

気合が入りすぎて、勢いで安倍晴明を獣神化させてしまったが、まぁ問題ない。

強い強いと噂の安倍晴明の実力を測る絶好の機会でもあるというわけだ。

 

f:id:mihao1853:20180616211451j:plain

本日攻略情報をもとに構築したパーティはツクヨミ廻 獣神化安倍晴明 そしてやや場違い感のある黄泉である。

なぜ黄泉を採用したのかというと、この3枠目には手持ちでは適したモンスターがいなかった。

そして僕の場合、その手の欠番が発生した際には必ず好きなモンスターを投入するようにしてあるからである。

これだと勝った時嬉しいじゃない?

それにボス戦でもそれなりに即死持ちの雑魚がいるような雰囲気だった(定かではない。でも小鬼だしどうせ爆発するんだろう?)ので黄泉のメテオSSはワンチャンあると踏んだのだ。

最後にフレンドは安倍晴明を採用。メリオダスという手もあったが、ここはとりあえず安倍さんで。初めて使うキャラだし複数いた方がフィーリングを掴みやすいのだ。

伝染霧があった場合には怖いが、まぁこの顔なら毒ガスを口から吐くようなヒール戦術を取ってくることは十中八九ないだろう。

では早速。

 

f:id:mihao1853:20180616212108p:plain

・・・初陣は最終面まで順調にコマを進めるも、ラストで黄泉が画面下部のヴィジャスにはまっていて死亡した。

だが黄泉は悪くない。

むしろ好感触であり、これで黄泉を外してしまうのは悪手だと踏んだので続投。

思ったより強いのが運枠のツクヨミ。

縦シャキを狙えるシチュエーションが多々発生するのに加え、そもそもの往復のダメージが大きなダメージソースとなっていた。

安倍晴明もマル。というかこのクエストでは大方の予想通り適任である。問題はSSが毒であることだな〜とは思った。即死爆発がいる(だろう)以上、悠長に毒の息を吹き付けている暇などないだろう。

 

また、クエストの攻略としては防御フィールド発生装置を破壊してくるホーミング吸収雑魚の処理。これの扱いを誤った感があったなと思った。

このホーミング吸収を無理に破壊に行くくらいならば、キラー持ちである生命やツクヨミでさらっとボスのHPをかっさらった方が得策だと感じた。

これを踏まえて二度目の挑戦。

 

f:id:mihao1853:20180616212944p:plain

この戦略が見事にハマり、初降臨・初勝利を納めることができた。

睨んだ通り、黄泉のSSである腐ッタ夜も抜群の危機回避能力を発揮し、金剛夜叉明王を無事、昇天させることに成功した。

また、無理して雑魚を潰すくらいならボスの体力を削るべきという戦略も悪くなさそう。・・・悪くなさそうだったんだけど、何処の馬の骨か知らんがボスの体力を回復させてくるうつけ者がいたような気がした。

ま、勝ったしとりあえずはもういいや。

 

f:id:mihao1853:20180616213311p:plain

3ドロからの〜・・・

 

f:id:mihao1853:20180616213340j:plain

早速2体進化。

アンチ重力バリアとアンチワープに加え、全属性耐性という重力バリアが発生するようなクエストならどんと来いと言わんばかりのスペック。

これは複数作成の価値があると踏んだのだ。

また、明日は爆絶クエストであるカナンが降臨するというのも理由の一つ。

このアビリティならば、爆絶カナン適正の可能性も十分にあるはずだ。

カナンの適正を未所持であったため挑戦は見送りにしていたのだが、これは明日はやるっかねぇだろうな。

ツーわけで思わぬ収穫を得たのはもちろん、初勝利の余韻も味わえたので本日のモンストは満足である。

明日のカナンも勝てますように。