BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE Limited Box 限定版でアクリルスタンドとったどー

f:id:mihao1853:20180603231314j:plain

ブレイブルー新作!!

待ってましたっ、と。

 

日曜日の昼下がり。

いつものようにモンスターを弾いていると、自宅のインターホンがけたたましく(うちのマジでうるさい)鳴り響いた。

これには心当たりがある。

十中八九”アレ”であろう。

来客用のカメラにはヤマトの人が気だるそうに見慣れたロゴの入った箱を抱えてる姿がバッチリと捉えられていた。

そんな彼とは裏腹に意気揚々と荷物を受け取りに玄関まで。ヤマトの人、いつもありがとよ。

 

f:id:mihao1853:20180603224105j:plain

ガチャポンのボールと比較してもわかるように少し大きめの箱が届いた。

中身は先日発売したPS4タイトル、アークシステムワークスの最新格闘ゲームである、

 

f:id:mihao1853:20180603224526j:plain

ブレイブルークロスタッグバトルだ。

このブログでもわかる通り、僕は生粋の格ゲーフリークであり、世に出ている格闘ゲームは2Dだろうが3Dだろうがとりあえず購入する。

先日のドラゴンボールも当然購入した(肌に合わなかったのであんまりやってないけど)。

 

【PS4】BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE

今回発売されたブレイブルーはそんな中でもかなりお気に入りの作品である。

ゲーム性というよりかは世界観がすごく凝っていて、対戦はしなかったけどストーリーモードだけは毎回ちゃんと追っていた。

先の作品でラグナ=ザ=ブラッドエッジのストーリーは完結してしまったのだが、今回スピンオフ的な作品で復活を果たした、感無量である。

 

話戻って箱が大きいのは限定版の”リミテッドボックス”を購入したからである。

通常版よりも多少値は張るが、こちらのリミテッドボックスには追加キャラクター20キャラ分のDLCチケットプロダクトコード・アートブック・オリジナルサウンドトラック、そして僕のお目当である限定アクリルスタンドが封入されているので圧倒的にお得である。

・・・そう、僕はこれに封入されているアクリルスタンドが欲しいためだけに諭吉を投下したのだ。

f:id:mihao1853:20180603225315j:plain

とりあえずジャブ程度にアクリルスタンド以外の中身の紹介でも。

右のやつがアートブックであり、見てわかる通りまぁまぁ大きい。

各キャラクターの立ち絵や設定が網羅されており、僕はすでにこれだけで2時間消費した。

 

f:id:mihao1853:20180603225508j:plain

付属のオリジナルサウンドトラック。

まだ未視聴だが、プレイしていて気に入った曲があれば早速こいつからアイフォンに引っこ抜こうと思う。

ブレイブルーやペルソナといったアークゲーファンはもちろん、アンダーナイトインヴァース、ルビーファンにもたまらないファンアイテムがこのように封入されていたわけだが、次が肝心の品、アクリルスタンドだ。

 

アクリルスタンド

このてのファンアイテムがで流行り始めたのはここ最近の話だと思う。

このアクリルスタンドはただ単に2次絵を台座で固定して立体化させただけなんだけど、これがどうして、最高に素晴らしいアイテムなんだな。

以前までは気に入ったコンテンツのフィギュアなんかで物欲を満たしていたんだけど、最近ではもっぱらアクリルスタンド派だ。

これはなぜかというと、個体差やそもそもの質が千差万別なフィギュアと違いアクリルスタンドには当たり外れがないからだ。

また、価格も非常に安いのも大きなポイントだろう。

場所を取らない点も実に素晴らしい。

造形に気を使う必要もないので、原作絵でバッチリと立体化しているアクリルスタンドが僕は大好きだ。

f:id:mihao1853:20180603230818j:plain

今回手に入ったアクリルスタンドは4種類。

ブレイブルーからラグナ=ザ=ブラッドエッジ、ペルソナから鳴上悠、RWBYからルビー、最後にアンダーナイトインヴァースのハイドだ。

ではパキパキ・・・

 

f:id:mihao1853:20180603231027j:plain

まずは僕の大好きなラグナ=ザ=ブラッドエッジ。

完結編の最後が悲しすぎて悲しすぎて。

袴のおかげで立体感が非常に強い。

こうやってフラッシュを当てて撮影すると一瞬フィギュアと錯覚する。

素晴らしい。

 

f:id:mihao1853:20180603231201j:plain

ペルソナから鳴上悠。

日本刀を肩に乗せてペルソナカードをちらつかせているいつものやつ。

やっぱり番長はかっこいいぜ。

 

f:id:mihao1853:20180603231314j:plain

身の丈よりも大きな鎌が特徴的なルビー。

この作品はよく知らないのだが、実は今回はこの子が使って見たくてこの作品を買ったような感じである。

超かわいい。

このゲームはタッグバトルなのだが、今の所ルビーとブレイブルーのEsで遊んでいる。

Esも見た目で選んだ。ロリ巨乳は最強だからだ。

タッグバトルという都合上、相性が悪い組み合わせも存在するとは思うのだが、仮にこのタッグがダメだとしても二人のどちらかは絶対に使っていこうと思う。

 

f:id:mihao1853:20180603231555j:plain

厨二心をくすぐる赤い剣が目印のハイド。

アンダーナイトインヴァースは友達がプレイしているのを見ていたくらいなんだけど、このタッグバトルのおかげでついに自分でもこのキャラを動かす日がきたようだ。

この手のタイアップ作品の醍醐味ですよね。

 

以上、アクリルスタンドの紹介でした。

f:id:mihao1853:20180603231830j:plain

写真がうまく撮れなくて魅力があんまり伝わっていない気がするけど、マジオススメっす。

飾る&撮影用のための専用机でも買おうかな。

さて、肝心のゲームですけどまだトレモしかやっていないので全然わかりませんが、とりあえずかなりとっつきやすそうな雰囲気でした。

ボタン連打でコンボになっちゃうみたいだし、コマンド表を見ても技の数がそんなに多くない。

これから格闘ゲームを始める初心者にはお勧めできる作品かもしれませんね。

とりあえずよっぽどのクソゲーでなければ今後プレイしていこうと思います。