モンスト日記#020 渇望の果ての理想郷を蹂躙しに行く無課金鬼畜御一行

f:id:mihao1853:20180522222351j:plain

渇望の果ての理想郷、爆絶アヴァロンに挑戦

挑戦というよりかは、このクエストに関していえばどちらかといえばアヴァロンが僕に挑戦するようなものだ。

なんせ引退前は周囲の人間に呆れられるくらい、しこたま回ったからな。

友人や先輩を拉致しては、この人の踏み入ってはならない領域を我が物顔で闊歩したもんだ。

リリス複数積みなどでの挑戦だったおかげで立ち回りはすでに熟練しており、攻略サイトなど必要ないくらいにはこなれている爆絶クエストである。

なぜこんなに周回したのかというと、運極作成目的であることはもちろんだが、当時は適正モンスターが無課金だとリリス、ヤマトタケル、始皇帝くらいだったので、クリアできる人間が限られていた(ガチャ限でさえ天草くらい)。よって、モンスト的承認欲求を稼ぐのには最も適したステージだと判断したためだ。あの頃は若かった。

 

・・・

 

f:id:mihao1853:20180522222553p:plain

さて、復帰後初のチャレンジは司馬懿、周瑜、ヤマトタケルを用意させてもらった。

本当はヤマトタケルをもう一体使う予定だったが、周瑜がボックスにいることを完全に忘却していたので見つけた瞬間、ステータス画面を見てスタメン変更即決。急遽進化させてセカンドヤマタケに代わり配備する運びに。

フレンドは今まさに脂が乗りに乗っている獣神化天草を・・・と考えていたのだが、残念なことに天草を出しているフレンドに一人としていなかった・・・

そこで見たことないのだが明らかに適正の匂いがするグネヴィア嬢を起用することに。この名前はよく耳にするのできっと強いのだろう。

 

f:id:mihao1853:20180522222744p:plain

さてさて、ではダイジェストにでも洒落込みますかい?・・・と思った矢先、気づけば最終ステージに立っていた。

表示時間を見ていただければわかるように、これは降臨後1回目のチャレンジであり、やはり腕は鈍っちゃいなかった。

リリス積みで勝ててたんだから、そら楽勝よ。

司馬懿がパワー不足でたまにボールを撃ち漏らすが、それを補って有り余るほどのキャラパワーはさすがは激クエスト産といったところか。

周瑜は悪かない。普通に強いしSSもマトがでかいので結構使える。

ヤマタケは相変わらず。相変わらずの安心感。緊急時のSS起用、砲台役、最高の一体。

グネヴィアは友情がすこぶる強い。それ以外はようわからんかったけどとりあえずつよし。

f:id:mihao1853:20180522223247p:plain

どうだ?周瑜とヤマタケのコンボ攻撃の味は?

最後は軽くこずいたらポンと逝った。

いや〜、このクエストも楽になったもんだ。

嬉しいやら悲しいやら。

 

 

f:id:mihao1853:20180522223404p:plain

褒美。

なんて美しいイラストなんだ。

この言い知れぬ気持ち悪さときたら、タマンねぇなぁ。

待ってろ、すぐに餌を用意する。

完成したら33階のスタメンがようやく入れ替わるのはもちろん、降臨や木神殿など、多くのクエストでの活躍が予想される。

だんだん懐かしい顔がボックスに揃ってきたな。満足也。

 

 

Fate/Grand Order セイバー/アルトリア・ペンドラゴン 1/4スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
 

 さいごに

ちなみに簡単すぎて記事にさえなっていないのだが、ニライカナイはとっくとのとうにゲット済み。