鉄拳日記#7 レオ渾身のコーディネイト

f:id:mihao1853:20180503225446j:plain

 鉄拳といえばカスタマイズ

オンラインでマッチングした多くのプレイヤーに対し、僕は落胆を隠せないでいる。

鉄拳といえばそのバリエーション豊かなカスタマイズ。

種類こそ以前よりも減ってしまったが、それでも他ゲーに比べて圧倒的に充実。

そんな着せ替え人形推奨ゲーであるにもかかわらず、本日マッチングしたプレイヤーの半分以上がノーカスタマイズときた。

第一印象はその後の人間関係を決定付けてしまう大切な第一歩。

それをおろそかにしてしまうプレイヤー達の多さにはがっかりだ。

かくいう僕は対戦前どころか初期プレイの前に必ずカスタマイズをする。

f:id:mihao1853:20180503225446j:plain

特に今回のレオはいい。

素材が良すぎる。

どんな方向にも持っていける可能性の塊だ。

ボーイッシュってのは実に万能なステータスなんだなって改めて実感した。

 

f:id:mihao1853:20180503230243j:plain

今回はかっこかわいいレオを目標にコーディネイトを進めることにした。

この黒いロングコートは素晴らしいアイテムだ。

厨二感漂う衣装ではあるが、女性が着れば話は違ってくる。

 

f:id:mihao1853:20180503230420j:plain

ヘアカラーも妥協を許さない。

デフォルトも悪くはないのだが、さらに自分好みのものへするべく微妙に変更。

いい感じ。

さて、今日のところは時間がないのであとは最低限、軽めの"メイクアップ"を施して・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mihao1853:20180503230658j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mihao1853:20180503230528j:plain

完成した。

・・・最後の最後でふざけてしまうのはてっけなーのSAGAってやつですな。

でも結構いいんじゃね?

恐怖と笑いが紙一重なように、美と狂気ってのはいつだって表裏一体なもんだ。

だって正味な話しっくりくる。

これくらいが丁度いい按配なのかもしれないな。

さて、このレオチャンでこれから対戦がんばろー。