鉄拳日記#005 実質ゼロからの挑戦

鉄拳7 - PS4

休み自体は多い組織に属しているが、やはり世間と休みがズレているってのは多少寂しいもんがある(挨拶)。

修羅3人目の挑戦

ブライアンに行き詰まっているわけではないのだが、なんとなくサブキャラにチャレンジしてみたくなったので今日から始動することにした。

”なんとなく”と前述しているように特に際立った理由はない。

強いて言えばビジュアルがいいキャラを使ってみたくなったというか、久しぶりに女キャラでも触りたい気分だったのだ。

 

ただし、実はこの好きな女キャラという点で言えば使用したいキャラはとっくのとうに決まってしまっている。

 

f:id:mihao1853:20180501213434j:plain

レオ・クリーゼンである。

設定では意味深なことに性別不明となっている彼女ではあるが、僕は確実に女性だと踏んでいる。

それは鉄拳7のストーリーエンディングを視聴すれば火を見るよりも明らか。

あのリアクションは間違いなく女性特有のそれであり、男子には真似できない可愛さだからだ。

矛盾フェチの僕にはボーイッシュっていう属性はもはやガード不能技である。

そんなわけで5フレでキャラ決め終了。

 

せっかくなので

最近痛感したのが2P側でのヘタレっぷりだ。

1Pこそとりあえず”見た目だけ”はそれっぽい雰囲気を醸し出せてはいるが、2Pはてんでダメ。

特にステップ関連がひどくて大きい二択をこれでもかと食らいまくる始末であり、目も当てられない状態となってしまっている。

そんなわけでレオは2P縛りっていう枷をはめてチャレンジしてみることにした。

いわば実質”ゼロから”の鉄拳って言えなくもないのでは?

 

 さいごに

三日坊主にならないことをいのる。