MTG日記#002 MTGの1ボックス内訳 ドミナリア編

f:id:mihao1853:20180428222604j:plain

 BOXのカード封入率

初心者ブライアン使いが日記開始早々鉄拳を放棄してMTGをプレイし始める日記になりかけているが、鉄拳もちゃんとプレイしているので問題はないはずである(挨拶)。

今回は先日購入したMTGのカードボックス、そのレアリティの内訳をメモがてらここに記しておこうと思う。

今後、MTGは長く続けていこう(もっとも、まだ始まっているとは言い難いが)と考えているのでこの手の記事はひとつの目安として便利そうだし。

何より対戦環境が全くない現状、これくらいしかやることがないのだ。

ぼっちはつらひ。

 

内訳

レア:31枚(foil込みなら33)

神話レア:5枚

フォイル:9枚

レアフォイル:2枚

これが今回の封入率である。神話レアはもう少し封入率が低かったような気がするが気のせいだろうか?

また、肝心の内容に関しては以下に。

当たりカード紹介

先日の記事でライラを手に入れることができた旨は記したが、

f:id:mihao1853:20180430201646j:plain

その後の33パックからは新種MOXであるモックスアンバー。

クルーグの災魔、トラクソスのフォイル(1500円)。

ライラと同様の天使族である豊潤の声、シャライをゲットすることができた。

(これは天使関連のデッキを組むのワンチャン?)

以上。

ドミナリアの高額目玉カードが二枚も出たのは僥倖といえるであろう。

ちなみにこの4枚だけで9000円〜10000円の価値がある。

 

これだけでも実質元は取れているようなものだが、これ以外にも300〜700円のレアが10枚前後、

f:id:mihao1853:20180430202414j:plain

△イニストラードの時に登場した2色ランドも3枚もゲット。余談だが、昔イニストラードのボックスを開封した際にランドゼロ、高額カードは4桁なしというとんでもない塩ボックスを引いたことがある。今ではいい思い出だが、同じ思いはもう金輪際ごめんである。

 

400円くらいの当たりアンコが3枚、

f:id:mihao1853:20180430202440j:plain

△なんと一枚400〜500円。アンコモンのくせに生意気だなぁ。

 

その他100円以下のレアが20枚くらいあるわけだから、合計2マン円分近い収益。まぁ普通に買うよりかは全然得してるよねって感じ。うんめ〜なぁ。

 

 

マジック:ザ・ギャザリング ドミナリア 英語版 バンドル

マジック:ザ・ギャザリング ドミナリア 英語版 バンドル

 

さいごに 

しかし、同名カードが4枚入れることができるというゲームの都合上、多少の浮き程度ではそんなにお得感がないのが現実である。

ライラをデッキに採用しようにも後3枚。一枚4000円(値上がってた)なんだけど・・・

MTG復帰への道は果てしなく険しい。