コナミとかいうゴミ企業が定期的に行う悪事を分かりやすく紹介する

悪事の数々

本日、コナミ()から遊戯王デュエルモンスターズの新商品が発売された。

f:id:mihao1853:20171209184144j:plain

ストラクチャーデッキ・パワーコードリンクという要は明けてすぐに遊べる構築済みのデッキである。

今回発売されたこのデッキは凄い。なぜならば、ストラクチャーデッキには過去の絶版強力カードが再録されることが定番なのだが、今回はショップ価格で1000円前後のカードが多数収録されている・・・だけではなく、なんと絶賛高騰中のトーチゴーレムまで収録されているのである。トーチゴーレムの価格は驚くなかれ。なんと1枚3000円だ。

f:id:mihao1853:20171209185655j:plain

他のTCGでは話は変わってくるのだが、少なくともこと遊戯王に於いて1枚3000円は高額カードの部類であり、この再録は多くの遊戯王ユーザーにとって非常に助かるという事実は言うまでもないだろう。だって1000円のこの商品を買うと、実質5000円以上のアドバンテージだもん。やばすぎるでしょう?買わない手は無いのだ。

では、なぜそのような善良企業・コナミ様をタイトルで罵倒しているのかといえば、それはこれから行われるコナミの悪行が手に取るように分かっているからである。

予言しよう、これからトーチゴーレムには半年以内に必ず災いが降りかかる。具体的には、エラッタ(カードの弱体化)、制限・禁止(使えなくなる)だ。これは絶対に行われる避けられない未来だ。

なぜこのようにここまで強く言い切れるのかというと、簡単である。詳細は省くが、このトーチゴーレムは気が狂っている性能なのだ。コレを出すと盤面が有利になるのはもちろん、この一枚で最悪相手は死ぬ。それゆえ、多くのデッキで脳死投入される極上のハイスペックモンスター。コーラを飲むと必ずゲップが出るように、それくらい当たり前のように・空気のように投入されている化け物なのである。

そしてこの強さは、本来であれば規制がかからなければおかしいレベルの性能を誇っているのだが、それが現状何の制限もなくのさばってしまっているのがいまの遊戯王のトーナメント環境である。

なぜ規制をかけないのか?その理由は、

コナミがまだ利益にしていないから

だ。要は、これから規制は必ずかけますよ。でも、その前に僕らが(再録で)売りさばいて利益を回収してからだよ^^とつまりこういうことである。

(※トーチゴーレムはとても古いカード。収録パックはとっくの昔に絶版のため、今更コナミの利益にはならない。。。が、ならばもう一度商品に封入すりゃいいじゃん(^^)ってこと)

 

”ゲームの環境なんか知ったこっちゃねぇよ。ま、とりあえず集金したら考えるわ”こんな姿勢を貫いている企業、どう思います? というわけで、コナミはくそ。

 

ちなみに『おめぇ、そんなこと言うなら遊戯王辞めろや』って言われてもそんなものは無理な話だ。なぜならば僕はコナミこそ嫌いだが、遊戯王は大好きだからである。娘を人質に取られていて悪の組織に加担している、そんな心境である。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ サイバース・リンク

さいごに

”企業だから利益を求めるのは当然”とか平気な顔していっている脳みそお花畑YPは一刻も早く遊戯王を辞めるべき。業界にとって害悪でしかないからな。

 

www.youtube.com

△封入カードなどの商品詳細ははじめしゃちょーの動画がおすすめ。