宗次郎日記(仮) #31 本命企業の一次選考結果【転職活動】

一次選考結果

昨日の事になるが、先週の水曜日に受験した現在本命の企業から結果が届いた。内容は、『もう一回、会おうや』といった旨のものであり、どうやら奇跡的に1次選考を通過したようだ。やったぁ。

しかし喜びもつかの間、届いたメールにはおまけで”適性検査”が付録されていた。

書類選考 → 面接 → SPI → 適性検査(言語非言語) → 最終面接 と、幾度となく受験者をふるいにかけてくるあたり、流石は大企業だなと思う反面、ビルメン企業らしからぬ面倒くさい選考の連続に『ここ、本当にビルメンの募集なのか?』と猜疑心にさいなまれる。

さて、今回のこの検査に関しては完全にノーマークだったので、これから時間ぎりぎりまで勉強して受験を行わなければいけないのだが、この記事を書いて現実逃避をしている当たり僕の”危機感のなさ”が露骨に表面化しますなぁ。あと10分、とりあえずあと10分休憩したら本気出すぞー!

坂本真樹と考える どうする? 人工知能時代の就職活動

おまけ

ふと、”最終選考の通過率”が気になって調べてみたところ、世間一般では五割ほどというリサーチ結果が出た。初めての就職活動を行っていた七年前は”最終面接に進めれば実質合格みたいなもん”って話をちらほら聞いていたのでこの情報は以外に感じた。と、いうわけで気を引き締めないといかんな。