転職活動日誌:内定を一度もらった会社に再度連絡を入れたら…

こんにちは。またもメシウマ話です。先日のPCインストラクター面接の結果になります。

 

経緯

1、会社に就職希望の旨を伝える、面接がきまる

 

(面接のために来社)

2、予告なしの小テスト。小学校の時の宿題プリントみたいな10問程度のPCに関する問題をA4用紙に記入

 

3、面接

:面接官の名字が社長の名字と一緒だったので社長?っぽい人と面接。適当に2〜3会話をして”契約内容が書かれた紙”を渡され、

 

面接官『この内容で良ければ、もう採用しようと思うんだけど、どう?』

 

といった質問をされる。

以下かいつまんだ書類の内容

・給料 15万

・休日 多い

・拘束 長い

・社会保険は完備

・退職金なし

こんな感じだったので、『一度持ち帰らせてください』と相談してみた。ごらんのとおり給料があまりにも低いので、その場で決めることは不可能だと考えたのです。熟考の余地もないような額ですが、実はここ、実質”歩合制”(厳密には違うんですけど説明が長くなるのでこれで)なので半年後には確実にもっと上がるとのこと。

…でも明確な実績データがなかったのでさすがに怖かったんですよね。口ではどうとでも言えるよな〜ってね。だから一度”持ち帰る”交渉をしてみました。

 

面接官『了解しました、また来てくれれば採用でいいからね』

 

…からの!

最後の文言は一見”たてまえ”みたいな感じに見えますけど、実際に現場にいた僕には”ぜひもう一度きてくれよな!”みたいな印象を強く受けました。

どうしてそう感じたのか?と問われると言葉にこまるんですけど、抽象的ではありますがまぁそんな感じだったんですよwまぁこれに関しては別にどうでもいいんですけどねw

…そして、折角の機会だしちゃんと考えてみるかってことで一晩考えてみました。最初こそ『額が額なのでまぁないな』と雑ではあったのですが、冷静に考えてみると

・休みが充実している

・給料も上がる見込みは十分ある

・資格も結構必要らしいので仮にここでダメでも次につなげることができる

…悪くないなと。冷静に考えればこの職業もビルメンに近いな〜って思いましたね。やや安定感に欠けた(退職金なし)ビルメンって感じですかねw

とりあえず1年くらい”バイト感覚”ではじめてみるといいんじゃないか?って思ったので面接の翌日、早速コールしてみました。

 

事務さん『いま担当は外出中です。…はい、またかけてください』

 

…結構重要な案件なのに対応雑だな〜、と思いつつ会社の休み明けにさっそく再度コール。

 

事務さん『ごめんなさい、採用枠埋まってしまったんです。』

 

おわた

 

面接の達人2019 バイブル版 (MENTATSU)

 

最後に

持ち帰らせてください = 実質もう不採用

こういう人もいるかもしれませんね。『その場で決断でき無いようなやつはうちの会社にはいらん!!』てきなw?

なんにせよ、あんな低賃金でかつ適当な事務を置いてるくそ会社、こっちから願い下げだわ…

 

 

 

 

 

 

 

…ぶっちゃけ入りたかった。