転職活動日誌:第一、第二志望の企業両方落ちました…【メシウマ】

おワタ\(^o^)/

落ちてしまった。いや〜、参った参った。

『前職に近い職だし、どちらか一方はいい線行くだろうな』と、たかをくくっていたのですが、まさかの両者ともに選考落ち。しかも、面接どころか”書類選考落ち”っていう非常に厳しい結果に終わりました。

ブログの更新を投げ出す程度には凹みましたね。おわたー

 

ちなみに志望業界は…

今回受けた2社は、一昔前に業務内容のホワイトっぷりが2chで話題になった”ビルメンテナンス”に関係する職業でした。いわゆる”施設管理”業務です。全然わからないよって人のためにちょっとだけ解説をすると、

 

職業:ビルメンテナンス(通称ビルメン)

業務:商業施設、病院、オフィスビルなどの施設管理

休日:比較的多め、日勤による明け休みがあるので多く感じるらしい

給料:少ない

絵で学ぶビルメンテナンス入門(改訂2版)

…こんな感じですね。現場(主に病院、商業施設)によって例外もありますが、給料にさえ目をつぶることができればホワイト率はとっても高い職業なのです。彼らに近い位置で仕事をしていたのでずっと彼らのポジションに憧れていました。暇そうでいいな〜、ってwしかしどうやら僕はなれそうにないですね…無念です。

 

資格や経歴は問題なさそうだったんだけど…

ビル管(資格)こそ持ってはいませんが、それ以外の必須資格である電気工事士やボイラー、冷凍機取り扱いといった資格は実は持っているんですよ。僕自身が仕事でそれらの機器をメンテナンスすることはないのですが、これらに関する知識は必要だったので取得していたんですよね。

むしろ何も持たずに門を叩く人も多いと聞いていたのでこれらは強い武器になるとは思っていたのですが、無駄でした。なんてこったい。

 

田舎でビルメンになる人は注意。

今回受けた二社なんですが、実は両社とも知らない人がいないレベルの大企業でした。だからキャリアアップを狙った現職ビルメンの人も沢山いたのかもしれません。しかもここは田舎なので、競争率が本当に高いです。だってビルがないからビルメンの求人がそもそもほとんどないのでw

つまり、田舎でビルメンを目指すのならばまずは泥水すする覚悟が必要ってわけですね。それが嫌なら都内に住むしかなさげ。

 

本末転倒は回避。

地獄の商業施設ビルメンでしごかれながら頑張って大手系列ビルメンに入る…っていうのも少しだけ考えました。

だけどこれは違うな〜、と。だってどうせ努力するんだったらそれに見合った”給料”が欲しくなっちゃいます。だからこんな道は本末転倒だと思いました。

”楽だから入る”、僕にとってのビルメンってそんな感じなんで却下っすね。

今後似たような求人が出たら一応、応募はしますけど絶望的だなーって思ってます。ちょっと別の道も探そうと思います。大変だー。

 

今日読んだ本 

成功は「気にしない人」だけが手に入れる

成功は「気にしない人」だけが手に入れる

 

 △デビュー時はおデブのホストだったけど、今ではホストクラブの代表取締役にまで成り上がった信長さんの著書。こういう本を読むと”仕事がしたい”っていうモチベーションが上がるのでは?と思ったので読んでみましたw

待つイケメンよりも行動するブサイクの方が美女にありつける率が高いってのはブサイクな僕にはとても励みになりました!!