雑記:名作ホラー映画がこの価格で買えるとはいい時代になったものだ。

スポンサーリンク

f:id:mihao1853:20170723133102j:plain

 今後の当ブログの方針

おはようございます。最初にお知らせです。『鉄拳のプレイ日記』なんですけど、別ブログに引っ越すことにしました。実は何気にこのブログも5ヶ月近く運営しております。その中で、僕流の”雑記ブログ論”もだんだんといびつながらも形成されるようになってきました。そのルールから逸脱してしまっていたのが”鉄拳”カテゴリーだったので、一応試験的といった形ですが移そうと思います。

sol-rev2.hatenablog.com

△移転先はこちら。以前ギルティギアで使っていたブログですね。名前を変えてこちらに書きます。よろしくお願いします。

 

本題:ホラー映画を買ってきたよ

f:id:mihao1853:20170723133102j:plain

現在世の中は”サマーシーズン”真っ只中ですよね。となるとちょっとレジャー・観光に行きたいな〜って思うのが人情って感じですか。でも僕からするとこの時期の外出は拷問です。なんで高い金払って、なんであの見ただけでめまいがしそうな人混みの中に入っていかなければいけないのでしょうか? 罰ゲームか?何かの罰ゲームか?

日本人は忠実なる労働の奴隷。まとまった休みがこの時期しか取れないのだからしょうがないですよね。しかし僕みたいに”世の理(ことわり)”から外れ気味の人間も少なからず存在すると思います。それに長期休暇がめちゃくちゃ長い大学生とかね。そんな人たちでかつ、外に出たくない病・お金使いたくないよー、って方々にこの時期おすすめなのが画像のような”DVD鑑賞”。

おいおい。そんなの定番中の定番だろ?今更ドヤ顔で解説すんなって意見もあるでしょうが、早漏君、早まらないでほしい。なんと今回買ったこのDVD達なんだけど、1つ200円以下だったんだ。死霊のはらわた”、”羊達の沈黙”、”レッドドラゴン、どれも最強・最高の名作なのに信じがたいこの超低価格。ここ最近で一番テンションが上がったね(笑)

さて、このタイミングで安く買うための何かしらの”アフィ”!!・・・と行ければ美味しいのですが、残念なことにそんなもんはありません。ここで言いたいのは最近の”DVD”の価格ですね。ブルーレイが主流になりつつあるせいか、どんな名作だろうが異常な安値で買えることが多々あるんですよ。DVDの市場価格はすでに崩壊しているのです。バラエティのDVD(ガキ使、すべらない話等)に至ってはワンコイン・100円で買えたりと、まるで自販機からDVDが出てくるような感覚に陥りますよ。

そんなわけで、最近ビデオショップを覗いていないよ〜って方なんかには一度ぜひ最寄りのショップに足を運んでもらいたいです。グレーなこと言いますけど、ネットに上がっていないような名作もショップになら安く・たくさんありますぜ。それにこれだけ格安なのだから、貧乏学生のデート費の節約として”家デート”で使うのも大いにアリですよね。最高だよなー。エアコンのガンガン効いた部屋で、女の子と二人映画を鑑賞する。飽きてきたら(自粛)

・・・あ、何だろう。なんか涙が。もうあのころにはもどれない。 いとふゆ。

 

PS.ハンニバルだけ売っていなかったのが悲しい。