宗次郎のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

大物Youtuberがプレゼントしたあのカード!『1枚百万円』の紙切れ達。『パワーナイン』の強さを解説!

こんにちは。宗次郎です。

今回は、久しぶりのカードゲームネタです。

皆様は、『パワーナイン』と呼ばれる『マジック・ザ・ギャザリング』のカードをご存知ですか?このパワーナインと呼ばれる9枚のカードですが、それぞれなんと、お値段が『数十万円~数百万円』するんですね!諭吉100枚分の価値がある1枚の紙ってわけです。

 

今回はそんな『異常な世界』のお話です。

・・・だって、ただの紙切れ1枚ですよ?異常という以外にないでしょう!!・・・僕も数枚持っていたんですけどね!(^^)!

 

ちなみに、タイトルにもありますように、皆大好きなあの大物Yotuberのプレゼントしたカードも出てきます。

あのカードのお値段はおいくらだったのでしょうか!?

 

※注意:価格に関しては、状態・どの時期に発売されたものか、で大きく変動します。

 

 

f:id:mihao1853:20170412005744p:plain

 

 

パワーナイン』とは?

 

マジック・ザ・ギャザリング(以下『MTG』)が産声を上げたのは、1993年。エキスパンション『アルファ』の発売が始まりです。もう、24年も経つんですね。パワーナインは、この、発売して間もない『黎明期』に印刷されました。ゲームバランスがまだまだ格率できていなかったが故に生まれてしまった、『ぶっ壊れの異端児達』、それがパワーナインです。

遊戯王で例えるなら、原作の『ブルーアイズホワイトドラゴン』的なポジションです。こっちは9種類ありますけど。

△ちなみに『ブルーアイズ』の元ネタは、この『甲鱗のワーム』だと思います。高橋和希氏は明言していなかったと思うので、あくまで予想ですけど。ちなみにMTGでもすんごく強いよーーー!!・・・スミマセン。とっても弱いです。

 

ここでは、MTG自体を知らない人も多いと思うので、宗次郎のコメント・例えを交えてその強さをわかりやすく解説していきたいと思います。

 

各カードの相場もつけておきましたが、時期によって変動しますのでご注意を。ただし、『下がること』は滅多にありません。なんせ、再収録が禁止されていますので。もう2度と販売されないのです。

1枚目:Black Lotus

パワーナインの筆頭。それがBlack Lotus。

『黒い睡蓮』・・・美しい・・・イラストがそもそも美しい・・・

 

このすんごく綺麗なカードには、『このカードを生贄にすることで、マナが3つ生まれます』と書いてあります。・・・といっても分からないですよね。1ターン目にコレおいてですね・・・

 

難しいのを承知で敢えて例えるならば、『陸上選手が、陸上競技に於いて、助走なしでマックススピードに到達する』・・・こんな感じか?んー、もう少しいい例えを考えよう。

 

とりあえずここではお値段に注目してください。

その希少性・強さが相まって、状態によっては軽く『100万円』を突破します。

 

僕が見たところによると、最低でも30万円からが多かったですね!都内の店舗でも、滅多に出会えませんけど。

 

 相場:30万~200万

(市場に出ている、出ていたモノのみ。場合によってはこれ以上。)

2枚目:Timetwister

カードを7枚引き直すことができるTimetwister。

ちょっともう、何が起きているのかよくわからないイラストが特徴。想像力を掻き立てられますね。エロ同人みたいな展開が待っているのでしょうか?

 

このゲームの初期手札は7枚です。

散々手札を使い切った挙句にコレを使えば、あら不思議。手札が返ってきたよー!

ちなみにこの効果は相手にも適用されるため、相手の戦略をあっさりとズタズタに出来ちゃうんですね!

 

ただし、他のパワーナインは1枚で完結した強さを持っているのに対して、Timetwisterは単体では正直パワー不足。ほかのカードと組み合わせることで、強さを発揮します。よって、お値段も他と比べると少々お求めやすいかと^^

 

相場:3万~30万

3枚目:Ancestral Recall

カードを3枚引くことができるAncestral Recall。

日本語訳だと、『祖先の回想』。余談なんですけど、幼女がよくこのポーズ取りません?「聞ーこえーないー」みたいな。

 

さて、これは分かりやすいですね。大体のカードゲームではカードの効果以外では『1ターンに1枚しかカードを引けない』のですが、このカードはその幻想を軽くぶち壊します。

 

強欲な壺も真っ青!

 

相場:10万~70万

4枚目:Time Walk

Time Walkも分かりやすい。

 

え?イラストが弱そうだって?

『このターンに続いてさらにもう一度自分のターンが回ってきます』けど、大丈夫ですか?

 

 相場:5万~50万

 

余談ですが、Youtuberの金髪起業家ヒカル君が、店長にプレゼントしていたのもこのカードです。

 

www.youtube.com

ちなみにこの動画のTime walkは、カードの外枠が白いので、価値的には20万円くらいかなーって感じです。(アンリミテッドというエキスパンションのカードですね。簡単に言いますと、同じカードでも黒枠は高くて白枠は少し安いのです。それでもこんな高額カードをポンと渡してしまうヒカル氏は化け物。)

5~9枚目:Mox

この綺麗な宝石のイラストのカードですが、赤、青、緑、白、黒の各色5枚のカードが存在します。画像は青のmox sapphire。sapphireが恐らく一番需要があるしカッコいい。

 

MTGでは、1ターンに1枚しか『土地』カードが出せないのですが、コレを合わせて出せば複数枚の土地を1ターンに出せてしまうということとほぼ同意義なのです。『土地』は1ターンに1枚しか出せない、つまり土地ってすっごく重要なカードなんですよ!これで強さがわかるかな?

 

お値段なんと、

 

相場:5万~80万(種類にもよる)

 

現実の宝石にも引けを取らない紙の宝石達。どうなってるんだ?

 

おしまい

異常です。間違えました。以上です。

補足なんですけど、これらのカードが異常なだけであって、主流のカード達はもっと安いですよ。それでも1枚5000円超えたりなんてわりとザラなんですけどねw

 

 

 

以下、おまけを置いておくので良ければどうぞ!

それでは ^^) _旦~~

 

・興味無いよーって方は、

mihao-san.hatenadiary.com

こんな記事はどうです?

 

おまけ1:パワーナインより強いカードは無いの?

無いと見せかけて、実はあります。 しかも数枚。

この『ヨーグモスの意志』なんかはそのうちの1枚でしょう。

『墓地にあるカードを全て使うことができる』、単純に書いてあることがマズいのです。

ちなみに僕はこのカードの性能・イラストが凄く好きで、9枚持っています。1枚1500円くらいしました。値上がり待ちですねぇw

 

 

おまけ2:実は『ゲームで使っていい』パワーナイン

強力な効果故、使用が禁止されているこのパワーナイン

ですが、実はこのカードが使えるフォーマット(ルール)が一つだけ存在します。MTGには遊ぶ上での複数のルールが存在するんですね。

『ヴィンテージ』っていう、いかにもって感じの名前のルールなのですが、これがヤバい。札束が飛び交うとはまさにこのこと。強盗が入らないか心配でしたw

 

参考:ヴィンテージ - MTG Wiki

 

おまけ3:この中に無い、最も高額なカード

black lotusでさえぶっ飛んだ価格ですが、上には上がいます。

Shichifukujin Dragonという、世界に1枚しかないカードがあるんですよね!

 

昔、DCIトーナメントセンターと呼ばれる施設に保管されていたのですが、あそこはとっくの昔に封鎖。気になって行方を調べてみると、現在はホビージャパンさんの方で保管されているのだとか。

 

画像はamazonにはさすがにおいていないので掲載できませんが、気になったら調べてみてくださいね。相場は1000万だとかなんとか。でも、市場に流れることが無い以上、価値はつけられませんね!

 

※尚、パワーナイン以外にも、諭吉1枚で変えないカードはものすごくたくさんあります。またの機会にご紹介させてください。