GG Xrd:ギルティギアイグザードREV2初心者・初級者向け攻略記事。対象:~15段【ソル攻略まとめ】

スポンサーリンク

f:id:mihao1853:20170415013741j:plain

 

  実は僕は、ゲームセンター、アーケードにて10年間ほど格闘ゲームを嗜んできた経緯がある。 

 そんな僕が、昨年の暮れから新規で始めた格闘ゲームが、『Guilty Gear Xrd Revelator』(ギルティギアイグザードレベレーター。通称ギルティ、GG)。

 これから格闘ゲームを始めたい、ギルティギアを始めたい、早い段階で壁にぶち当たっている人、そんな方々に向けてこの記事を書いてみようと思う。

 ちなみに僕自身のプレイ期間は入門して3か月ほど。段位は当初掲げていた目標である15段を突破し、満足して一旦プレイをしなくなった。最近になって再開し、現在は16弾だ。

 記事の構成は、前半がゲーム全般、後半がソルの攻略となっているので、目次から好きなところに飛んでいただきたい。

(二つの記事を一つにしたので、少し見にくいかも。申し訳ない!)

 

▽日記はこちら

sol-rev2.hatenablog.com

 

 

そもそもギルティギアとは?

f:id:mihao1853:20170415013741j:plain

引用:amazon

(既にプレイ中の方は飛ばしてください)

 

アークシステムワークス』から発売されている対戦型2D格闘ゲーム

まるで『アニメ』のような『3Dグラフィックス』を採用しており、その出来栄えには圧巻の一言。

f:id:mihao1853:20170415014514j:plain

 『ガトリングコンビネーション』、『ロマンキャンセル』によりテクニカルなコンボが初級者でも簡単に楽しめる、俗にいうコンボゲー。

 初心者向けチュートリアルも、『すべての格闘ゲームの中で一番親切』に作られている点も〇。

 

 2017年、どの格闘ゲームをプレイするかで悩んだら、僕は『ギルティギア』を全力で押す。

f:id:mihao1853:20170415013828j:plain

△イグザードシリーズは、毎回ストーリモードが用意されており、購入者曰く『ギルティギアというアニメを買ったら、おまけで格闘ゲームが付いてきた』。というジョークが生まれる程、クオリティの高いアニメが楽しめるのも魅力の一つ。前々作『サイン』と、前作『レベレーター』では、今まで因縁の関係にあった主人公『ソル』とライバルの『カイ』が手を組んで黒幕をシバきます。(因縁というか、一方的な気がしますけどねw)

 

 

最新作である『ギルティギア イグザードREV2』は現在アーケードでのみ稼働中。

家庭用の発売日は5月25日。

△コンシューマー最新作の『レベレーター』。今から買って、『REV2』に備えるのは大いにアリ

 

PS4『レベレーター』は、有料DLC(2000円)でアップデートが可能な模様。

PS3はアップデートDLCのみ

f:id:mihao1853:20170415025503j:plain

△新作、『REV2』では復帰キャラ『梅喧(バイケン)』とチップの側近である『アンサー』がプレイアブル化。

 

ギルティギアで勝ちたい。どうすればいい?

さて、では本題に入ります。

初めに言ってしまいますが、『初心者がいきなり初めても、絶対に勝てません』。

ある程度、ほかの格闘ゲームをプレイしていれば話は別なんですが、それでも結構きついです。

なんせ、このゲームでは『膨大な知識』と『経験』が必要になるので、最初はなかなか勝てないのですよ。

鉄拳で幅をきかせていた僕ですけど、初日はオンライン(プレマ)で100敗しました。

 

そんな僕ですけど、大体3か月くらいですかね?

散々試行錯誤した挙句、軽く15段にはなれたんですよね。

ただし、格闘ゲームに慣れていない方にはハードルが高いと思いました。

知らなきゃいけないことが多すぎなのですよ・・・

 

まずは心持として、『どうせ勝てないんだから気楽に行こう』というのを念願におきましょう。話はそれからです!ボコられてなんぼですよ。

 

 

覚悟が決まったら、以下に僕が15段になるまでに行ってきたことを列挙していきますので、参考にしてみてください!

 

まずはコンボ練習から。出来なきゃ(トレモに)籠れ。

 

△ちゃっかり持っている僕のyoutubeチャンネルより

 

このゲームで一番重要なのは、『コンボを完走すること』です。

(厳密には違うんですが、あまり情報を詰め込んではいけないのでコンボとさせてくださいw)

 

コンボを完走することで、ダメージは勿論の事、完走することで『起き攻め(※)』につながることを覚えておきましょう。

逆に、コンボを落としてばかりいると、ダメージが入らないことは勿論、貴重な起き攻めのチャンスを失ってしまうので、勝てるものも勝てなくなってしまうのです。

 

※起き攻めとは:ダウン状態の相手が起き上がる際に、攻撃を仕掛ける行為。ダウンさせた側の方が早く動けることを利用し、一方的に攻撃を仕掛けることが出来る。

 

宗次郎の練習メニュー

:一日1時間はコンボ練習に充てる。不十分だと思ったら満足するまで。

 1.トレーニングモードで相手を動かない状態にしてコンボ練習

 2.慣れてきたら、相手をCPUにして動いている相手にコンボを決める練習

 3.実戦へ。

最初の頃はコレを毎日やっていましたね!当然ですが、最初は時間が沢山ある方以外は『1キャラ』で遊ぶことをおススメします。このゲーム、コンボが結構難しいので。

実戦でも9割方安定するようになったら、対戦待ち時間の間にコンボ練習をする程度に抑えました。

 

強い技を使え。・・・使え!

当たり前ですが、強い技を使うといいです。

・・・雑でスミマセン。だけど、これって本当に重要。

 

なぜなら、多分適当に使っていても、当たりません。

 

代表的なのは、ソルの”ファフニール”でしょう。

多少の弱体化はありましたが、間違いなくこの技は強いです。

 

ここで重要なのは、『どうすれば強い技を当てることが出来るのか考える』ことなのです。

ハイ!このブログでは珍しく、赤線で書きましたよ!!

本当にこれが重要なのです。

 

※動画準備中

 

△適当に振っても当たらないのです。あれ・・・この技・・・もしかして弱い?NO、気のせいです。

 

宗次郎練習メニュー

1.対戦で強い技を振ってみる

2.つぶされてしまう場合は、何故なのかを考える

3.余裕ができてきたら、「なぜこの技が当たっているのか」を考える

 

次の項目がヒントになると思うので、ちょっと考えてみてください。考えないと、格闘ゲームは勝てません。格闘ゲームはインテリスポーツなのです。

 

ジャンケンをしよう

格闘ゲームって、実は『じゃんけん』なのです。

例を上げましょう。

 

グー:攻め(読んで字のごとく)

チョキ:様子見(相手の技をからぶらせること)

パー:けん制(技を置く事)

 

これが基本なのです。

攻めは様子見に勝ち、様子見は牽制に勝ち、牽制は攻めに勝つ。

余談になりますが、この法則をぶっ壊す性能の技が、俗にいう壊れ技ってやつですね。

 

分かりにくいと思うので、動画をご用意しますね。

 

宗次郎練習メニュー

1.トレーニングモードに”攻め”、”様子見”、”牽制”を入力(動画参照)。

2.ランダム再生をする

3.どれかを”読んで”、勝てる択を振っていく

(CPUなので、当然”読み”が通用するわけないのですが、読みは読みです。・・・説明が難しい!)

 

対空をしよう

2D格闘といえば、相手が上から(ジャンプ)攻撃を仕掛けてくることがあります。

そんな時は、昇竜拳!!

・・・も、いいのですが、ギルティギアの基本対空は大体のキャラが『レバー前入れ+P』なのです。

なぜならこの『6P』、コンボに行けちゃうんですね!

よって、対空は大ダメージのチャンスでもあるのです。

上からうっとおしく攻めてくる相手には、”様子見をしつつ対空を狙う”のも、勝つために重要なファクターとなっております

 

『分からない』をなくそう!

このゲームをやっていると、『訳の分からないうちに負けている』、俗にいうワカラン殺しに沢山遭遇します。

格闘ゲームが知らない人的には『ハメ』がわかりやすいですかね。

 

コレの解決策なんですが、

1.常に考えながらプレイすること

2.リプレイでワカラン殺しの試合を確認する

3.自分で考える、ダメなら動画を頼る

 

この3つが重要です。沢山考えて、一つずつ、疑問を解決していくことが勝つためへの近道です。

 

2つだけアドバイスをします!

1.世界チャンピオンの動画を見よう

ギルティギアの最強プレイヤーといえば、「まちゃぼー」氏であることは去年の大会結果を見ても、疑いようのない事実。

 氏の動画は本当に凄いです。

 なんと、全キャラの対策が無償で見れちゃうんですね!ありがとうございます!ありがとうございます!!

 

www.youtube.com

△ちなみに僕は、助手のかずのこ氏(スト4世界チャンプ)の『ソル』の大ファンです。ウメハラソルとかずのこソルは最強にかっこいいのです。

 

2.メモをとろう

f:id:mihao1853:20170415030624p:plain

恥ずかしいのですが、コレが僕のメモ。

これはソル用のメモなんですが、キャラ対策用のページに、全キャラ個別に書いてあります。

これは、かの最強プロゲーマー『ウメハラ』氏のテクニックで、氏は常にメモを取ることを習慣にしているのだとか。

僕も氏にならってコレを始めたのですが、効果は抜群です!

人間は忘れる生き物なので、できるだけメモをとりましょう!

 

梅原大吾氏の名著、『勝ち続ける意志力』は、全格闘ゲーマー必読の一冊。

 

 

 

 

 

 

2017/05/10執筆中、仮公開

ソル攻略

f:id:mihao1853:20170510102552j:plain

 僕がイグザードシリーズを初めて大体3~4か月が経過した。休止期間を含めれば1年以上となるのだが、僕は一定の期間ガッツリとプレイし、その後は満足して死人のように眠る、といったプレイスタイルをとっているので、非常にややこしいことこのうえないのだ。申し訳ない。
 このエントリーでは、そんなリビングデッドの3か月の体験をもとに作成した。なんせもうすぐREV2の発売日だ。

 「腕はなまってねぇだろうな?」

 と、僕のソルに怒られないようにするためにも、復習・予習がてらここに自分なりの攻略を記述しておきたいと思う。

 ちなみに腕前は、闘激のエリア決勝で詰んでいたレベル。ギルティではないのであしからず。

f:id:mihao1853:20170510103306j:plain

 僕自身は16段のパンピーなので、それ以下の人(初心者、初級者、中級者・・・は必要ないか)は参考にするといいだろう。また、補足部分には格闘ゲーム用語を掲載しておいたので、入門用にも使える記事・・・かもしれない!

  

 さて、長くなったがそろそろはじめたいと思う。ちなみに”ここに全てを書くつもり”なので、そうとうやべぇ記事になっちまうけど、逆を言えばこの記事と同じことをすれば15段は保証するぞ。というか、書いている本人が徹底できていないので徹底すれば20段くらいはいけるんじゃね?(他人事)

 フレームや、立ち回り、その他気になる部分を全て詰め込んだ欲張りセットなので、覚悟してほしい。ブクマ推奨だ。

 

キャラ解説

f:id:mihao1853:20170510102622j:plain

 ギルティギアシリーズ通しての主人公。クールで仲間思いのナイスガイ。年齢は軽く100を突破している。何故なら彼は普通の人間ではなく、『GEAR細胞』を移植された強化人間だから。聖戦の英雄。設定上、最強キャラというおまけつき。

 

 ちなみにおまけなんだが、ソルはチップも指摘している通り禁煙中だ。イラストレーターの方のソルのイラストでよくタバコを咥えているのを見かけるのだが、ぶっちゃけソルがタバコを吸っている公式絵を僕は見たことが無い。

 チップに出会う前か、ギア化~聖戦中しか吸ってなかったんじゃないかな?

 (一応、初代ギルティから全て家庭用そろえてあります!学生時代もストモだけやっていたんだ)

 

ソル=バッドガイはどういうキャラなのか?

 隙を見つけて接近し、近距離で相手を崩していくスタイルを得意とした生粋のインファイター。格闘ゲームではおなじみのリュウが持っているような無敵昇竜、波動拳には似ていないが、飛び道具であるガンフレイム、主人公にはあるまじき高火力なコンボ移行が可能な投げを持っており、他の技の性能も高水準で使いやすく、それでいて高性能な技が揃っている。

 インファイターという言葉にビビっときた人は、とりあえずソルを使えばOK。

 

どういうプレイスタイルの人が向いているのか?

 近距離が強いということは、すなわち遠距離は弱い。中距離も分が悪い。プレイ開始まもなくは、アクセル=ロウに殺意を抱くことになるだろうw(対策をすれば全然勝負になる組み合わせなので、決して台パンをしてアケコンを破壊しないように)

 漫画やゲームにいそうな脳筋近接剣持ちキャラが好きな人は、是非このソルをおススメさせていただきたい。

 僕はベルセルクのガッツみたいなキャラが好きなので、迷わずソルをチョイスした。担当声優が中田 譲治という点も非常に魅力的だったしな。

 

初心者向けなのか?

 初心者向けどころか、ギルティギアを始めるのならば、好きなキャラでもいない限りはソルで始めることをおススメする。理由はシンプルで、ずばり他のキャラは普通に動かすことさえ難しいからだ。ゲージが複数あったり、ダッシュがおかしかったり、走れなかったり、防御力が極端に低かったり、そのた諸々と理由がある。

 格闘ゲームを始めたばかりならば、なおさらソルを使うといいだろう。ソルがどうしても嫌だというのならば、まぁカイあたりがいいんじゃないですかね?(すっとぼけ)

 

強さは?キャラランクは?

 最強よりやや下といった感じ。アルファベット表記で例えれば、Aランクくらい。つまりおいしいポジションってやつだ。

 ただしこのゲームのキャラランクは正直分かりにくい。どのトッププレイヤーが全体のキャラランクを作成しても、まったく同じものができない当たりからそれが伺える。だからキャラランクだけでキャラを選ぶ必要はないと考えてもいい。

 ちなみにREV2はまだちょっとわからない。6HSとKの仕様変更による弱体化がすっごく気になる。

 

注意レバー表記

f:id:mihao1853:20170510053349p:plain

P:パンチ K:キック S:スラッシュ HS:ハイスラッシュ D:ダスト

実は右に行くにつれて技の発生や隙が大きくなっていく。

 P(パンチ)に関してはダメージは小さい分隙も小さい。一方HS(ハイスラッシュ)は、ダメージが大きくリーチも長い分、空ぶったときの隙が非常に大きい。

 

技関連

 僕が実際に立ち回りで使っている技を解説していく。ぶっちゃけ全部使うので、それぞれの用途を抑えていこう。

立ち回りで良く使う通常技

  立ち:5K、6P、遠S、近S、HS

しゃがみ:2P、2K、2S、2D

ジャンプ:S、HS

  対空:5K、6P、2HS、空中投げ

 上記のような感じで僕は使い分け・運用している。これだけだとわかりにくいので、いくつかピックアップしたいとおもう。

5K 

 発生フレーム3Fという最速の技にもかかわらず、対空にも使えてしまう万能っぷりはソルの最強技なのでは?と勘違いしてしまうほど。

 僕のソルはこれで飯食ってました。尚、技の判定は弱めなので、判定の強い技に対して対空を行った場合、一方的に負けてしまう場面も少なくない。その場合は2HSか、空中投げを試してみよう。

 ※注意:REV2では発生フレームが5Fに変更される予定、つまり弱体化である。痛い。

 

2D

 ソルのしゃがみダストこと2Dは、非常に姿勢が低く、様々な技をかいくぐりつつ相手に一方的にヒットさせることが可能だ。通常連携にもよく使う。連携中にディレイをかけることで、カウンターを取れる機会も少なくない。その場合は、ガンフレイムを入れ込むことで大ダメージコンボを狙うことができる。BR>ロマキャンと繋げることで、一気に画面端まで持っていくことも可能だ。通常のヒット確認から各種必殺技(VV、BR)に繋げることもできる優秀な通常技だ。ソルの主力である。

 

空中投げ

 ソルだけではなく、全キャラが持っている万能の対空技、それが空中投げ。ジャンプをしている相手よりも低い位置で滞空中に投げ入力を行うことで発生する。発生フレーム1Fの超絶対空技。

 

立ち回りで使える必殺技

 基本的に全て使う。死に技がないってのは格闘ゲームでは凄いことだぞ。

※【】内はコマンド、()内は略称

 

攻め:ファフニール【41236HS】(ファフ)、バンディットブリンガー【236K長押し】(BV)

起き攻め:ガンフレイム【236P】(GF)

崩し:ぶっきらぼうに投げる【623K】(ぶっきら)

対起き攻め:ヴォルカニックヴァイパー【623 SorHS】(VV)

対空ずらし:砕けろ【空中で214K】、バンディットリヴォルヴァー【空中で236K】(BR)

壁際脱出:ライオットスタンプ【214K】

玉避け:グランドヴァイパー【214S】(姿勢が低いので、中~上に判定のある技を避けることができる。カイのスタンエッジなど)(GV)

  通常技同様、いくつかピックアップ

ヴォルカニックヴァイパー

 通称ヴォルカ。ストリートファイターリュウが持っている昇竜拳と似たような性能の無敵技。リュウと違うのが、本家よりも派手で上昇距離が段違いなところ。派生技のたたきつけ(214K)を入力することで、ダウンを奪うことができる。

 リバサでの使用は勿論、コンボの〆に使うことで、強力な起き攻めを仕掛けることができる。

 

ファフニール

 相手にガードさせた場合、こちらがフレーム的に有利(直ガは除く)、カウンターヒットで画面端まで運べて大ダメージコンボを狙える。驚異的な性能を誇るソルの攻めの主力。

 リターンの高さやガードさせた後の状況の良さから、自分から触りに行く際によく使うが、発生フレームが20Fと遅い点と、判定が弱い点には注意。コンボに頻繁にしようする技でもある。相手のジャンプ際にひっかけることも可能であり、序盤は特に積極的に使用していこう。

 

ガンフレイム

 ソルの飛び道具。主に起き攻めや、中距離で使う。連携の最後に使うことも多い。しかし、隙が大きく、見てから低空ダッシュで大ダメージを奪われる可能性もあるリスクの高い技だ。その場合は黄色ロマンキャンセルを入力することでリカバリーが可能となっている。

 ガンフレイムフェイントに関してはこれの炎が発生しないヴァージョン。一見初心者からすると使い道が無いように思えるが、フェイントは技の硬直が少ないことを利用して、小回りが利くようになる。主な使い道は連携の〆だ。リスクを負いたくないときに頻繁に使用する。

 

 

覚醒技の使い方

・タイランレイブ(632146HS)

 コンボの〆に使う。無敵時間を利用してリバサで打つことで、一気に挽回することも可能だが、確定反撃には注意。バーストゲージが満タンの時に、HS入力をDにすることでバースト覚醒が打てる。モーション自体は変わらないが、火力が大幅アップ(補正が切れる)。バースト覚醒の場合には、相手の体力や、ラウンド数と相談だ。

 

・ドラゴンインストール(214214HS)

 見た目がドラゴン?悪魔?のような容姿に変わり、技性能が超強化(判定拡大、速度アップ)され、ついでに音楽まで専用BGM(Ride the fire)に切り替わる。イグザードシリーズ以外ではほぼ死に技扱いだったが、今作はコンボに組み込むことができるので、一応実用的ではある。が、使用後は隙だらけなので初心者は使わない方がいいだろう。僕も実戦ではほとんど使わない。

 簡単な使い方は、こちらの体力がドット(ほとんどない状態)時にとりあえずぶっぱなして捲り狙い。

 ちなみに僕は、自分の体力がドットの時を狙って『Ride the Fire』が聞きたいから打つどうしようもないクズだ。いや、ソナタアークティカみたいなメロスピが大好物なんすよ・・・

 

ロマンキャンセル

 通常技、必殺技にはゲージを消費してロマンキャンセルをかけることができる。ロマンキャンセルを行うことで、自分の技のモーションをその時点で強制的にキャンセルすることができ、コンボダメージのアップなどに使うことができる。また、時間経過が相手のみゆっくりになるので、立ち回りで使うのも有効だ(空中ダッシュ > ロマキャンなどで一気に距離を詰めることができる)。ソルの場合は、ガンフレイムやVVの隙消し、HSヒット時の火力アップ、ぶっぱGVの隙消しなどなど。

 取り合えずコレに関しては、使っていくうちに慣れていくと思う。なんせ、適当に使うだけでもとんでもなく強力なシステムだからだ。

 ただし注意点が一つあり、ロマキャン後はクールタイムとよばれる『テンションゲージが上がりにくい状態』になってしまうので注意が必要。ゲージが無いと当然不利なので、なるべくゲージを100%に近い状態で打つことが理想的と言える。

www.youtube.com

△本来ならHSで終了してしまうコンボも、ロマキャンを絡めることで一気にダメージアップ

 

立ち回りで使う連携 

 通常のガトリングルートは勿論、ここでいくつか実戦的なものをご紹介。実際に僕が使っている連携です。

1.遠S > HS ~

 HSがヒットしていた場合にはロマキャンをすることでコンボに移行することができる。HSがガードされてしまった場合には、GF(黄キャンセルも有り)で固め、GFフェイント(214P)で隙消し、ジャンプキャンセルで空中ダッシュから攻めるなど。

 慣れてくるとあまり使わなくなってくる連携だが、始めたては積極的に振っていってもいいだろう。

www.youtube.com

△記事の本文と同様のもの

www.youtube.com

 △BRは相手のジャンプに刺さる。BVも距離が離れていれば、確定反撃を貰いにくい

 

2.遠S > 2S ~

 世のソル使いのほとんどが一番使用する連携。~の部分には、6HSや、GF、ダッシュ2択(ぶっきら)などが入る。順番に説明すると、6HSは暴れ潰し、カウンターヒット確認をしてBVに繋げることで一気に大ダメージを奪える。GFは固め継続。ダッシュ2択はそのまま、再度遠SでもOK。

 ちなみにわざと2Sをスカらせることで、本来であればキャンセルできないファフニールを最速で打つことが可能だ。僕もよく使う。

△連携中に迂闊に手を出してしまった場合には6HSから痛いお仕置きが 

3.2P×N ~

 シンプルに2Pで固めて、その後の展開では2P一発止めからぶっきらなどを狙う。ヒット時に2Dに繋げることで、そこからVVか、BRで起き攻めまで持っていくことができる。

△小パンにより、相手に攻めのタイミングを絞らせにくくする

 

4.空中ダッシュS > HS > 着地後固めor2択

 空中から攻める場合はコレを使用するといい。ただし、合計で3ヒットの連携なので、ヒットした場合にはその後のコンボレシピに注意。壁際でファフニールを絡めた連携は、スカりやすくなるぞ。(このゲームでは、ヒット数に応じて受け身可能時間が変更されるため。刻めば刻むほどコンボがつながりにくくなってしまう)

 

www.youtube.com

『固め』とは

 前述した連携などで相手にガードを意識させること。こちらがフレーム的に有利な状況で行う。ファフニールのような、相手が通常ガードをするとこちらが有利フレームになるような技も固めの一種だ。

 

『崩し』とは

 固まった相手に対して中段や投げなどの強力な技をあてに行く行為。崩して大ダメージを与えるためには、固めが重要なのだ。

 

立ち回り講座

この項目では、ソルの立ち回りを距離別に解説する。

遠距離

 ソルの苦手な距離。基本的にやることがない。

 

中距離

 ソルの遠Sがギリギリ届くか届かない距離ということで仮定する。この距離では少し距離を詰めて小技で相手に触りに行くか、ガンフレイム(黄色ロマキャン)を基点に攻めに行くことができる。ファフニールで触りに行って、一気に畳みかけるのも良い。

 ダッシュ2Dもおススメ。姿勢の低さを利用し、相手の打点の高い技や、カイのスタンエッジなどの飛び道具を回避しつつ攻撃を当てることができる。

 

近距離

 真骨頂。この距離でいかに攻めれるかが勝負の分かれ目。発生の早い5K等の小技で相手を固め、ぶっきらを通す立ち回りを心がけよう。

 

コンボ関連

 ソルの場合、基本的なコンボが出来ればOK。アドリブで強力なコンボを狙えるのならば狙うべきだが、慣れていない場合は簡単なものですませて、起き攻めをキッチリと行えるようにしよう。

 基本コンボ

・画面中央

 小技始動

  ・K > 近S > 2D > VV or BR

www.youtube.com

 ・2P > 2K > 2D > BR (ロマキャンすることでダメージアップ)

www.youtube.com

 

www.youtube.com

△壁までの距離によっては、BRをロマキャンしてDで画面端へ

 

 ぶっきら始動

 ・ぶっきら > 少し距離を詰めてJS >(JC)JS > HS > VV

 ・ぶっきら > 少し距離を詰めてJS > JK > JS >(JC)JS > HS > VV

www.youtube.com

 

・画面端

 1.ぶっきら > (裏回り) > HS > JD > 下り際JD > ファフ > 近S > 6P > HS > VV

www.youtube.com

 △入門用コンボ。とりあえずこれをできるようにしよう。

 

 2.

www.youtube.com

△慣れてきたらこちら

 

 3.軽量級用

ぶっきら > 裏回りHS > JD > 下りJD > JD > 下りJD > 低空ダッシュS > D > 砕けろ > 6P > BR

www.youtube.com

△軽量級はこちらのコンボを使おう。低空ダッシュの部分が難しければ、ダッシュジャンプDで代用可能

 

ドラゴンインストール

www.youtube.com

 

コンボ その2 対応キャラリスト

主要コンボの、対応キャラリストを作成した。参考にしてほしい。

初心者・初級者向けのソル基本コンボ

レシピ:コンボ始動 > HS > JD > JD > ファフニール > ダッシュ6P > HS > JD > 砕けろ > BR

解説:ソルのコンボの基本形。初心者は、ファフニールの部分で苦戦するだろう。拾えない場合は、ファフニールに多少のディレイをかけることで安定する。Dループ部分は最速を意識。コンボの〆はBR以外だと、6P>BRや、VV、6P>HS。ダメージを重視する場合には、タイランレイブかバースト覚醒で。

対応キャラ:

ソル、カイ、クム、エルフェルト、シン、ジョニー、チップ、スレイヤー、ファウスト、ラムレザル、レイヴン、レオ、ザトー、ポチョムキン、ベッドマン

ヴェノム(砕けろが少しすかりやすい)、アクセル、ジャック

入らないキャラ:

ミリア、ディズィー、ジャム、イノ、メイ

ぶっきら始動なら入るキャラ:

イノ、ディズィー、ミリア(裏回りHSをかなり低めにして拾う)、ジャム(裏回りHSをかなり低めにして拾う)

ぶっきら始動でも入らないキャラ:

メイ

 

 

ソル・慣れてきた人向けコンボ【初級者・中級者以上】

レシピ:コンボ始動 > JD > JD >ファフニール > ダッシュGF > 6P > HS > JD > 砕けろ > BR

解説:ファフニール後のレシピを高ダメージのGFに変更したタイプ。ダッシュGFの入力は2366Pだ。慣れてきたらこちらを使おう。

入るキャラ:

エルフェルト、カイ、カイ、シン、ソル、クム、ジョニー、チップ、スレイヤー、ファウスト、ラムレザル(GF拾いと、砕けろ部分)、レイヴン、レオ、ザトー、ポチョムキン、ベッドマン、アクセル、ジャック(砕けろを引き付けて打つこと)

入らないキャラ:

ミリア、ジャム、ディズィー、ヴェノム

ぶっきら始動なら入るキャラ:

ディズィー

ぶっきらでもダメ:

ミリア(砕けろが届かない)、イノ(砕けろが届かない)、メイ(ファフで拾えない)、ヴェノム(砕けろが届かない)、ジャム(砕けろが届かない)

 

軽量級用コンボ

レシピ:2K > 6P > HS > JD > 下りJD > JD > 下りJD > 低空ダッシュJS > JD > BR

解説:軽量級キャラに対しては、基本的にファフニールで拾うことができないため、昔懐かしDループ(※)でコンボを構成する。低空ダッシュJS部分は少し難しく、キャラによっては入りにくいため、その場合はJSではなくJDにすると安定する。特にメイは入りにくいため、低ダJD推奨だ。

※Dループとは:イグゼクス時代のソルのJD>JDをループさせるコンボ。3~4ループさせることも可能だった、まるでお手玉である。

 

おまけ:ウメハラが使用していたコンボ

・ザトー専用コンボ

ぶっきら > (裏回り)HS > JD > 下りJD > ファフニール > ダッシュGF > 6P > GF > JD > 砕けろ > 6P > BR

 

・解説

 格闘ゲームの神、ウメハラが闘神激突・小川ザトー戦で使用していたコンボ。まちゃぼー氏に習ったようだ。地味に難しく、特に最初はダッシュGFとGF前のJDに苦戦することだろう。コツはどちらもできるだけ最速で入力すること。

 なお、ウメハラ氏だが、このイベントの為に僅か一か月でソルを仕上げてきた。ギルティ自体は未プレイどころか闘劇を出場していたレベル。現在はプレイしていない模様。



 

攻めについて

攻めという概念

 攻めに関してだが、単純に攻めるという点で行けば、ファフニールを振るのが強い。ダッシュが早いことを利用して、5Kや遠Sで強引に接近戦に持ち込むのもいいだろう。しかし、そもそもソルは攻めが強そうに見えてそうでもないのが現実だったりする。

 なぜかと言えば、接近戦が強いキャラということが完全にバレているので、リーチの長い技を置かれて簡単には攻めることができないからだ。

 (このゲームでは一部キャラを除けばどのキャラもある程度のリーチがある技を保有しているので、これがつらい)

 

 コレを理解するには、格闘ゲームの3すくみを理解する必要がある。補足に書いておくので参考にしてほしい。

 ちなみにソルは、厳密には”攻め”ではなく”様子見をすべき”キャラだと僕は考えている。コレを理解できれば間違いなく一つの壁を越えたということになるだろう。

 

起き攻め

 ソルを使うにあたっての醍醐味が、接近するまでのプロセスと、その後の攻め、そして追い打ちをかける起き攻めなのは間違いない。

 ここでは起き攻めを解説する

・固める

 基本。とりあえず困ったら固めておいて、忘れたころにぶっきらを打てばほぼ確実に通る。

 

・ぶっきら

 基本。固めてから打てば非常に通りやすくなる。

 

・詐欺飛び

 補足記事に詳細は掲載。主にリバサを読んだときに。ブリッツシールドに取られてしまう点に注意。ブリッツを読んだら着地2Kなどで対応しよう。

 

・遅らせ6P、空中投げ

 ぶっきらを嫌がる相手にはコレを使う。相手がぶっきらを嫌って暴れている場合には気持ち遅らせて6Pを。空中投げはジャンプして逃げる相手に対して。

 尚、ファジージャンプ対策としてもこの択は有効なので覚えておこう。ジャンプ移行中は通常攻撃がヒットするので、ばっちり狩ることができるのだ。 

 

防御テクニック

フォルトレスディフェンス(FD)

 テンションゲージを使用することで、周囲に緑色のバリアを貼る。FD展開中は、通常のガードよりも相手の攻撃による距離の離れ方が長くなること。

 コレを利用して距離を開け、ジャンプなどで切り返しを狙う。シンプルかつ簡単で強力な防御の基礎の基礎。

 ただしゲージを消費してしまうので、それだけは注意。いざ攻めようというときにゲージが無いと、火力や固めに支障をきたすからだ。

 

リバサヴォルカ

 リバサとは起き上がりの事。起き上がり時にVVのコマンドを入力することで、相手が攻めている場合には一方的に勝つことができる。

 注意点としては、まず慣れないと出すのが難しい。受付猶予が短いのだ。次に、読まれてガードされたり、詐欺飛び(補足3参照)を重ねられてしまうと痛いお仕置きが待っている。

 非常に強力な切り返し手段であることは間違いないので、ほどほどに使っていこう。ちなみにロマキャンを入れ込むことで、隙が完全に消える。

 

ファジーガード

 技の発生フレームのズレを利用した防御テクニック。正直16段現在、無くても困っていない状況だが、できれば間違いなく強い。

 特に被起き攻め時は効果が大きく、起き上がり時の投げ無敵時間を利用することで、投げを絡めた2択を持つキャラ(ソル、ポチョムキン)に対して非常に強力だ。

 地味に難しいので、ぶっちゃけまだやらなくてもいい。

 

勝ち方、勝ちパターンについて

 ソルの勝ちパターンは非常にわかりやすい。このエントリーを読んでくれた方ならうすうす感じていると思うかもしれない。そう、近づければ勝ち、近づけなければ負けなのだ。

 さて、肝心の勝ち方だが、これは相手によって変わってくるので何とも言えない。前述したように、とりあえず近づく必要があるわけだ。

 この場面で一番効果のあるアドバイスは、とりあえず3すくみを徹底的に意識すること。コレに限る。3すくみは格闘ゲーム基本中の基本。ギルティギアにはコレをゆがませてしまう概念が多々存在するが、まぁ気にしないでおこう。

 これさえできればあとはもう、細かいテクニックを徐々に徐々に積み重ねていくだけ。

 なんで自分が近づけないのかを考えろ。相手が何をしているのかを徹底的に観察する事。そして、いざ近づけたらちゃんと2択をかけろ。こちらの択が通り始めたら、相手はどういうことをするのかちゃんと考えろ。

 こんな感じかな?ちなみに15段くらいまでは相手の癖を読むだけで結構勝てる。大抵手癖になっているので、すぐに矯正するのって難しいんだ。

 

僕が実践していた練習方法

最初のころ練習していたこと

・コンボ練習がメイン

:コンボが出来なくては話にならないので、基本的に毎日30分以上は練習した。

トレーニングモードのみでは相手が動かない状態なので、動く相手に当てるためにCPUに切り替えて徐々に実戦に近づけていく。

 

・その日の〆としてプレマを数十戦

:オンライン対戦のプレマは段位の変動が無く、気軽に、しかもサクサクと連戦が可能。ランクマをやってもどうせ勝てないので、最初はプレマで回数をこなした。

 (動画貼付け)

 最初の注意点は、『相手キャラ』がどんな技を使っているのかを必ず見る事。そして、余裕があれば自分でもそのキャラを少し動かしてみてキャラに対する知識を少しづつ増やしていく。

 

一か月経過後

・トレモを活用し、防御関連の練習

:レコーディング機能を利用し、相手に技をランダム再生させて防御の練習。見てからガードすべきダストなどの中段技など。

(動画貼付け) 

 また、同じく3すくみを意識するためにトレモを活用した。

(動画貼付け)

 

15段→16段になる際に練習したこと

 ・トレモ・プレマで詐欺飛びの練習

 

注目プレイヤー

 

補足

補足1:立ち回りとは?

 文字通り、対戦における戦い方といったところ。例えば近距離が強いキャラを使っていれば、『極力相手に触れるように”立ち回る”』。

 遠距離のアウトファイターを使っていた場合には、『相手を近づけさせないように”立ち回る』。

 使用例としてはこんな感じ。相手との相性などで、この”立ち回り”は変化させる必要がある。これが、”キャラ対策”につながっていく。

 

補足2:フレームについて

 格闘ゲームでの時間の概念のこと。60F=1秒。

技の発生フレーム

 技が出るまでのフレームを発生フレームと呼ぶんだが、例えばソルの立ちKは発生が3F。これは、このゲーム中でもかなりの最速。見てからガードは無理。

 逆にどの位の発生フレームだと見てからガードが出来るのかといえば、鉄拳では約20Fと言われていた。しかし、ギルティギアでは発生18Fのカイのグリードセバーをファジーではなく完全に見てからガードする猛者も居るので、人による。それと慣れ。

 

技の硬直フレーム

 格闘ゲームの技には、技の持続時間終了後に『動けない隙』が存在する。これを硬直時間(フレーム)と呼ぶ。全ての技に設定されているフレームであり、相手に技をガードされてしまうと、たいていの場合こちらが硬直により不利フレームとなってしまう。

(ガトリングなどの連携はコレに該当しない)

 不利なフレーム状況とは、例えばガードさせてこちらがフレーム的に不利な場合、同じキャラで同じ技を振った場合でも一方的に打ち負けてしまうのだ。これは硬直による技発生の鈍化が起因している。

 しかし一方で、ガードさせるとむしろこちらが早く動けるような技もいくつか存在する。これはほとんどすべてのキャラの立ちP、屈Pが該当する。ソルにはさらにファフニールもコレに当たる。

 ファフニールはガードさせて有利、ヒットさせて相手ダウン、カウンターならば一気に画面端まで運べてノーゲージでコンボが可能な強力な技なのだ。

 

補足3:詐欺飛びについて

 ジャンプ攻撃時に持続時間を重ねる攻撃手段。起き攻め時に使う。このゲームの起き上がり時間はキャラによって違うので、詐欺飛びのタイミングは使い分ける必要がある。よって、慣れが必要だ。

 これができると、相手のリバサ無敵行動を無力化することができるので、是非マスターしたい。ちなみに15段になるまでは僕は使っていなかったので、無くてもOK。

 ちなみに似た単語で『詐欺重ね』というものがあるが、効果は同じ。こちらは地上で重ねることを意味している。

 

補足4:ぶっぱなしとは

 

補足5:フレームを覚えよう

 

おまけ

本当に始めたばっかりの人向けにざっくりと何をすればいいのか掲載しておく。

ガチ初心者向け講座

 まず前提として折れない心が必要。最初は絶対に勝てないゲームなので、負けてなんぼ。基本的にやるべきことはエントリー内のことをやればいいのだが、まずは確実に出したい技を出すことを練習することから始めるといいだろう。始めたてでは恐らく、236Pのガンフレイムの入力さえ完璧には出せないと思う。

 この辺の練習は、CPUでもトレーニングモードでも好きな方でOK。慣れてきたら次はヴォルカニックヴァイパー、そしてその他の技や、超必殺技など。

 最少は難しく感じると思うけど、 か な ら ず 出せるようになります。これは本当。

 そして、これが狙い通りに出せるようになったらコンボ練習。そして、実戦。最初から対戦をしてもいいけど、ほぼ確実に勝てません。そういうゲームです。

 んで、ぼこられたまたこのエントリーでも見て頂戴。DM送ってくれたら僕も対応します。