宗次郎のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

書評:『夢をかなえるツイッター』でTwitterの使い方をマスターする!

皆様こんにちは、宗次郎です。

実は僕、目についた本を片っ端から読む、いわゆる『雑食』の読書好きなのです。

今月は既に20冊ほど読破しました。

 

今日はその中からこの本の書評をさせてください!

 

 

 

【前回の記事】

mihao-san.hatenadiary.com

 

夢をかなえるツイッター -いいことが起こるつぶやきのコツ-

著者:内藤みか氏 発行:技術評論社

 

f:id:mihao1853:20170413135914j:plain

皆様は、『Twitter』をご存知ですか?

・・・申し訳ない。流石にこの時代にTwitterを知らない人なんていないですよね。

ただ、残念ながら、ここに知らない人がいました。

 

アカウントは持っていて、閲覧方法なんかは知っているのです。

が、僕のツイッターの使い方は、

 

『アカウントは持っていないとシラを切り、社内の人や友人のツイッターログをコッソリと盗み見て、ほくそ笑む』

 

という、人としてどうなの、って感じの非常に残忍な使い方でした。

 

宗次郎「アレ!この人、ネカマになっちゃってる!!www」

 

しかしこれもそろそろ卒業したい。

様々な職種の人との交流や、沢山の情報が流れている、この『ソーシャルメディア』をそろそろ自分でも使ってみたい!

 

そんなわけで、僕は本に頼ることにしました。そして見つけたのがこの『夢をかなえるツイッター』という本なんですね。

 

以下、この本の見どころをご紹介します。

 

 

ツイッターの使い方がわかる サルでも、わかる

ツイートは勿論、リツイートハッシュタグ、DM(ダイレクトメッセージ)などの用語、その使用方法を、『学校に見立てて』解説しています。

 

少しだけ引用しますと、”自分のフォロワーをクラスに見立てて、それぞれに係(図書係など)があり、転校生(フォロワーの追加)もきます。部活動(ハッシュタグ)もあるよ”と、こんな感じですね。

 

また、細かい使い方も1から10まで解説されており、その辺は本書の『第三章』を参考でよろしくどうぞ。

ブログメディアとの連携方法なんかも解説されていますよ。

 

 

もちろん、様々なツイッターを使う上でのノウハウが詰まっています!

前項の内容だけでは、ぶっちゃけ、ネットの知識だけで済んでしまいます。

僕がこの本を手に取った理由は、内藤みか氏の『ツイッターのノウハウ』が読みたかったからです。

 

少しだけ抜粋しますと、

 

・第二章:フォロワーが300人から5100人になったわらしべ長者体験

・第四章:ツイッターを仕事に生かす、つぶやくタイミング、ツイッターを面白くするには

・第五章:『広まりやすいつぶやき』など

 

ツイッタービギナーである宗次郎には、この辺がすごく参考になりました。

5か月で4,800人も増えるなんて凄いですよね!

ただし、この増加は筆者の『ある試み』が要因でして・・・

 

 

 

140文字で作られるアート ツイッター小説

題名に、『夢をかなえる~』とあるように、実はこの本はただのツイッターのマニュアルではありません。

著者である内藤みか氏は、ツイッター小説と呼ばれる、140文字で構成される超短編小説の第一人者なのです。

 

どんな作品なのか?この本は2010年出版ということもあり、流石にもう沢山の人が読んでいることでしょう。ちょっとだけ中身を拝借させてもらいます。

 

Twitterであなたを何年かぶりに見かけた。こっそりとその名前をフォローした。あなたは私に気づかない。そのうち打ち明けられるかな。想いを秘めながら、懐かしい文体を追った。その数日後、あなたはつぶやいた。『今日は僕の3回目の結婚記念日です』

 

こんな感じの小説です。いや、すごいなぁ。よく収まるなぁ。

筆者はこれを書く感覚を『ミニチュアドールハウス』に例えていました。なるほど。うまい。流石小説家。

 

題名の『夢』に関しては、この小説が由来となっています。気になった方は、第二章をご参照ください。

 

まとめ 僕も書きたい!

氏のTwitter体験記、僕の一番知りたかった最低限の使い方・ノウハウを学ぶことができる、素敵な一冊です。ビギナーは勿論、ツイッター小説とは?どうやって書くの?といった疑問をお持ちの方や、フォロワーをもって増やしたいよーという方にもおすすめできます。

 

気になったら、是非お手に取ってみましょう。古い作品ですので、ブックオフを探せば見つかるかもしれませんよ!

 

追記:ちなみにこの宗二朗も、僭越ながら、自信のツイッターに『ツイッター小説』を投下させていただきました。ご興味がある方は、僕のツイッターをチェック!ついでにフォローよろしくおねがいします^^

 

https://twitter.com/mihawo_san/status/852409239762903040

 

 

お知らせ
最近『Twitter』を覚えたので、この記事が面白いと思ったら是非フォローをください!フォロバさせていただきます( `ー´)ノ  おまけとして、宗次郎のコメントも、もれなく付いてきますw