【パズドラまとめ】オワドラは、2017年最強の無課金でも遊べるアプリ【再開するなら今】

スポンサーリンク

f:id:mihao1853:20170411221338p:plain

初心者・復帰者向け攻略エントリー

(現在執筆記事をリライト中)

・追記(20170502) パズドラ日記始めました  

mihao-san.hatenadiary.com

 はじめに

  2012年のサービス開始より早くも5年が経過したパズル&ドラゴンズ。最初の数年こそ大ブームを巻き起こし、携帯アプリといえばパズドラ!そんな時代もあったが、それも今は昔の話。現在では人口も大幅に減少し、アプリランキングの首位からも陥落。なぜオワドラ呼ばわりされるようになったのかといえば、曲芸師問題などの単純なインフレや、イベントのマンネリ化が原因だと思われる。

 しかし、そうなってくると黙っていないのが運営サイドである。様々な趣向を凝らしに凝らした結果、その恩恵を最も受けたのが『初心者~中級者』である。

 特に無課金プレイが熱い。現行のアプリの中で一番遊べる。無課金なのにここまで遊んでいいのか?そう思ってしまうほどに充実しているのが現在のパズドラだ。詳細は、当エントリーにまとめてあるので参考にしてほしい。 

+297化を含む育成難易度が大幅に減少

f:id:mihao1853:20170409231534p:plain
 この画像は、無課金300日経過時の筆者のモンスターボックス画像だ。iPhone5sの一画面を覆いつくす+297モンスターの数々。プラマラなしでこれである。一昔前では考えられない光景だが、これが今のパズドラだ。

 これを可能にしたのが、+ドロップ率10倍を始めとした様々なイベントによる+卵の大量配布だ。降臨は勿論の事、ガチャに+50付与や、ダンジョンクリア報酬にも+33モンスターなどが実装されたことにより、初心者でもハイパーモンスターがように作れる状況となった。

mihao-san.hatenadiary.com

モンスターのレベリング

現在は、以下のような状況だ。

・同族性合成経験値が約400万のノエルドラゴンのバーゲンセール

・メタドラダンジョンの常設化

・無料ガチャイベントで、キンメタ以上を大量獲得可能

この通り、現在のパズドラではモンスターのレベリングは苦にならない。

運営が勝手に配るし、いざとなったらガチャは勿論のこと常設となったメタドラダンジョンに侵入すればいいからだ。
 ちなみにノエルドラゴンの400万という経験値は、殆どのモンスターが1度の合成でレベルマになってしまう数値だ(現在は、転生進化や特殊な経験値テーブルのモンスターが存在する)。

 スタミナ回復時間の減少

 ソーシャルゲームにつきものなのが、スタミナの概念。これが無ければダンジョンに侵入することができない。

 ご存知の方は少ないかもしれないが、昔のパズドラはスタミナ1回復させるのに10分もの時間を要した。

 しかしこれは現在では度重なるアップデートにより改良されている。結果、現在はなんと3分でスタミナが1回復されるようになった。

 あまりプレイすることができないからパズドラを辞めてしまった、という無課金プレイヤーにとってこれは嬉しい仕様変更だろう。
 

自主的なランク上げは必要なし

f:id:mihao1853:20170409211424p:plain
△定期的に表れる「超絶キンメタ」。クリアすることで、30万の経験値が入る。しかもただのサンドバッグなので、初心者も撃破可能であり、開始当初であればランクが一気に二桁以上上がる。

 
 定期的に開催される大量経験値獲得イベントの実装。そして、巨人の塔などの経験値ダンジョンがさらにおいしくなった。無課金プレイを新規に開始した場合、スタミナが途切れることはしばらくないだろう。

様々な無料ガチャイベントの開催により大量にガチャを引くことが可能となった

 以前よりもガチャを引ける機会が格段に増えた。

・コラボイベントの際に無料で一回プレゼント

 ・一定ランクを到達するごとに、金以上確定のプレミアムガチャが実装(しかも定期的にリセットされる)

・ガチャドライベントという、凄まじいプレゼント企画

pad.gungho.jp

 

f:id:mihao1853:20170409212114p:plain
△ガチャドラとのバトル。イベントに参加するだけで、この後大量のガチャのご褒美が。

 このように、ガチャを引ける機会が非常に増えた。

コレに加えて『銀卵の排出率が減少した』点にも注目。俗に言う『使えるモンスター』が引くたびに登場する。

曜日ダンジョンが状況限定で常時プレイ可能 素材集めのストレスが減った

モンスターの進化に欠かせないのが『素材モンスター』の回収だ。

以前までは各種曜日クエストのみと状況がかなり限定されていて、日を待たないと進化できないこともしばしば。

しかし現在ではこれは解消。コインで購入可能なダンジョンや、パズドラレーダーにより毎日各曜日ダンジョンをプレイすることができる。進化させようと思えばいつでも進化できてしまう状態である。

 

f:id:mihao1853:20170409230348p:plain
△勿論、水曜ダンジョンも仕様変更対象。ラストで神秘面確定。

 ダンジョン内容も変更され、狙ったモンスターが圧倒的に取得しやすくなった。 

ポストゼウスと呼べる、無課金強力モンスターが充実!

 サービス開始当初の無課金最強モンスターといえば、「ゼウス」だったのはいまや昔の話。この手のモンスターはいつの時代にも必要なわけだが、現在ではこの誰でも取得可能なモンスターのスペックが異常だ。

f:id:mihao1853:20170409205914p:plain
 このミルはその代表格。ダメージ軽減と高火力を両立させた無課金における最強モンスターの一角である。特殊降臨と呼ばれるダンジョンにて入手可能。ダンジョン難易度はお世辞にも低いとは言えないが、魔法石を投入すればいいので問題ない。投入して手に入れる価値は大いにある。

 さらにうれしいのが、このモンスターはコインダンジョンのラインナップに常に並んでいるため、いつでも挑戦することが可能なのだ。難易度は2種類あるのだが、どちらの難易度も確定ドロップだ。

f:id:mihao1853:20170409205937p:plain
 特殊降臨クエストといえば、ヴォルスーンも外せない。強化された昔のホルスといった感じだろう。多色系のキャラであれば、フレンドのリーダーを選ばない点が特に初心者には嬉しいだろう。こちらも下手にガチャを引くよりも最優先で入手すべき一体だ。

モンスターポイントの実装により超強力モンスターが無課金でも購入可能

 『モンスターポイント』と呼ばれるゲーム内通貨が実装された。手持ちモンスターを売却時に手に入れることができるポイントであり、ガチャでかぶってしまったモンスターなどの救済処置的なシステムだ。

このモンスターポイントの素晴らしい点は、 

f:id:mihao1853:20170409210024p:plain
 ラードラゴンを筆頭としたモンポ龍と呼ばれる超強力なモンスターが入手できる点。無課金で入手できるモンスターとしては明らかにオーバースペック。

 入手に関しても、運営が定期的にモンスターポイントを配布しているのでタイミングを逃さなければ誰でも入手可能だ。コレを書いている2017/05/08時点でも、開催されているので始めるのならば今がちょうどいいだろう。

旧ガチャモンスターがさらなる進化を経て強化

 覚醒システム、転生システムというモンスターの新たなる進化が実装された。

これは当然旧モンスターも含まれる。そして、この進化により相当強化された。まるで別モンスターだ。

f:id:mihao1853:20170409200228p:plain
 筆者のお気に入りモンスター・ツクヨミも、覚醒を経て転生進化も可能になった。

以前まではサブモンスター的なポジションだったツクヨミだが、現在ではリーダーモンスターとしても問題なく運用できる。圧倒的な強化だ。

モンスターボックスの使い勝手が向上

f:id:mihao1853:20170409213622p:plain
 ボックス整理機能が実装された。ボックス毎の仕分けが可能となり、自分好みにボックスを運用することができるように。

 一見分かりにくいが、その使い勝手の良さは実際にプレイしてみることをおススメする。

f:id:mihao1853:20170409213718p:plain

このように、使用頻度にボックスを分けることも可能だ。

地味にうれしい仕様変更である。

スキル上げの敷居が大幅に減少

パズドラといえば、無限に周回を課せらえるスキラゲ地獄。...だったのは昔の話。現在ではそんなことをする必要が無い。

現在ではピィという確定スキルアップモンスターで上げるのが主流である。

f:id:mihao1853:20170409211720p:plain
△”必ず上がる。”の一文がやばすぎる。

 これに加え、キングタンと呼ばれるスキル上げ専用モンスターも追加。

f:id:mihao1853:20170409233445p:plain
 画像左の合成モンスターがキングタン。この画面で合成ボタンを押すと、「確実にスキルレベルが4上がる」。  

 以上の事から今までのようなダンジョン周回はあまりする必要は無くなった。攻略が簡単なダンジョンのみ、周回してスキル上げをするといいだろう。

スキルアシストシステムの追加

 一つのモンスターには一つのスキル、というのは昔の話。

 現在では1つのモンスターにさらに追加でスキルを一つ持たせることが可能となったのだ。これを、アシストシステムと呼ぶ(または継承システム)。

多少の制約は課せらえるものの、このシステムの追加によりパーティ編成の幅が圧倒的に拡大した。スキル遅延対策としても運用可能であり、下記画像がその例だ。

(下記のように、スキルターンの長いスキルを敢えてサブスキルとして実装することで、スキル遅延対策となる) 

f:id:mihao1853:20170411193917p:plain

協力プレイモードの実装

以前までは、パズドラといえばソロプレイのゲームであった。しかし現在では二人、もしくは3人での協力プレイが可能となっている。

この協力プレイだが、基本的にデメリットが存在しない。1人でやるよりも、2人でプレイした方が非常に美味しいのだ。

・報酬は1人プレイと変わらず

スタミナ消費は折半(50消費ダンジョンならお互い25づつ)

スタミナが折半できる点が特に魅力的で、コレを利用して序盤から高スタミナダンジョンを周回することが可能。

さらに、「ゼウスディオス」等の周回用モンスターを用意することで、マルチプレイは別次元の領域になる。

f:id:mihao1853:20170410015117p:plain
△マルチ周回で輝く「超覚醒ゼウスディオス」様。無課金ぶっ壊れの一人!

  このゼウスディオスは無課金といえどもスキルマ済が3体欲しい。ずっと1人プレイならば別に不要だが。ディオスのスキラゲもできればマルチプレイで行えばすぐだ。

コンボ演出の簡素化

 地味にストレスだった、大量コンボ時の演出時間。”1combo,2combo、・・・”といったコンボ演出の事なのだが、これが設定により省略可能となった。

f:id:mihao1853:20170409212759p:plain
 これにより、さらにストレスなくパズドラをプレイすることが可能になった。

増え続ける萌え系モンスター

 パズドラの代表的な種族といえば、ドラゴン...と言いたいところだが、どちらかといえば萌え豚ご用達の萌え萌えモンスターのほうが需要が高いだろう。

 現在も、この手の女性モンスターは男モンスターよりも圧倒的に大量に追加されている。僕のボックスからも少しご紹介させてもらう。

 

f:id:mihao1853:20170409224151p:plain
 女性であり、ドラゴン。このソニアはパズドラの代名詞的存在と言ってもいいだろう。昔ほどではないが、今でも使えないことは無い。

 

f:id:mihao1853:20170409224318p:plain
 筆者のお気に入りモンスターが、この『不動明王』だ。黒髪ロング、剣、ごちゃごちゃした装備、もろにドストライクである。

 

f:id:mihao1853:20170409224433p:plain
 「干将・莫耶」という武器はご存知ですか?Fateのエミヤが振り回してた奴だ。パズドラにもとうとう実装された。

 

f:id:mihao1853:20170409224843p:plain
 艶めかしい雰囲気の闇のモンスター、ゴエティア。明らかに人外な彼女だが、悪くない。

 

f:id:mihao1853:20170409225036p:plain
 FFコラボからはリノアも実装されている。 

この手のコラボモンスターで自分の好きなキャラがゲットできた時は本当にうれしい。リノアはその一人だ。

f:id:mihao1853:20170409225314p:plain
 「マリ・セレススーツ」もたまらない。セレスの衣装を完璧に着こなしている。

 こう見てみると、ストレートに『萌え』なモンスターは意外と少なかった。どちらかといえば、『綺麗』なモンスターが多かったな。

最後にアドバイス

ここまでありがとうございました。これで最後です。

ちょっとしたアドバイスなんですが、再開しようと思った場合、一度アンインストールすることをおススメしたいです。

というのも、ここまで書いたようにパズドラは本当に遊びやすくなったんですよ。だからこそ、これらの楽しみを全て享受するためには、中途半端なデータはあまりお勧めできないのです。

それに、無課金を徹底すれば、ガチャを引く気も無くなるのでお財布にも優しいはずだ。無課金だから、このダンジョンは放置でいいか、といった言い訳もできるw

 

以上。またパズドラを始めてみよう!

 

 

f:id:mihao1853:20170412011931p:plain